グッドウィルの映画日記

愛する映画の感想を書いていきます

ドリュー・バリモアの最高傑作…50回目のファーストキス 感想、ネタバレ

2004年公開の映画50回目のファーストキス』を見ました!!

この映画はかなり有名なラブストーリーで最近韓国でもリメイクされましたな。

主演はアダム・サンドラードリュー・バリモアです!!

 

採点4.5/5.0

 

最高のラブストーリーの一つだと思います!恋してるなら必ず見て欲しいですね!

 

あらすじ

ハワイの水族館で働くヘンリーはめっちゃプレイボーイの遊び人。

そんなヘンリーはある日ルーシーという女性と恋に落ちる。

しかしルーシーは過去に事故によって1日しか記憶を保持できない障害を持っていた。

ヘンリーはルーシーとの恋を実らせるため周囲の反対を押し切って行動を開始する。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭観光客と関係を持ってモテモテのヘンリーの話をさまざまな話がされている。そしてハワイでヘンリーはまた他の女性と別れ際にスパイだと嘘をついてボートで去っていく。

 

獣医として働くヘンリーは水族館でアザラシ達の世話をしている。

アザラシと仲良しのヘンリーは動物にも好かれる人物のようだ。

 

ヘンリーはセイウチを救うためアラスカに向かおうとしているが失敗してカフェに行く。

そこで1人でご飯を食べるルーシーに一目惚れしてしまう。

 

翌日ルーシーにワッフルの上手な食べ方を教えて話しかける。

2人は話して気があって外でデートすることになる。

 

そしてルーシーは父の誕生日のため行かなければならないと話してまた明日同じ時間に朝ごはんを食べようと約束する。

 

ヘンリーは友人が紹介したブロンドの美女とディナーを取り誘われるが断る。

次の日朝食にカフェに来るとルーシーが来て声をかけるがルーシーは初対面だとして逃げてしまう。

 

そしてヘンリーは店主からルーシーが1年前事故にあい頭を強く打った影響で記憶を1日しか保てなかなったことを知る。

そして毎日同じことを繰り返しているのだった。

 

そして家族もルーシーのために毎日ペンキ塗りをさせていた。

そして毎日父の誕生日だと思い込んでいるルーシーのために父と弟は毎日祝うのだった。そして毎日同じ映画を見て、ルーシーが寝た後ペンキをまた白に塗り替えていた。

 

ヘンリーはまた船の準備をしてるがまた故障してしまう。

翌日カフェに来たヘンリーはルーシーをまたナンパしようとするが今度はかわされてしまう。

 

毎朝ルーシーに声をかけるヘンリーは何度かわされてもめげない。

ある日ルーシーに字が読めないふりをして成功させるとルーシーはデートの延長を期待していたが帰られてしまう。

 

ヘンリーは家に行くがルーシーの父親に家から連れ出されてしまう。

そしてルーシーに近づくなと言われ一夜限りの関係を望む男が多いことを知る。

 

カフェに行くなと言われたヘンリーはルーシーの帰り道を待ち伏せする。

ある日ルーシーの家に訪れると2人からヘンリーと会った時のみ歌いながらペンキを塗るやつになったことを言われる。

 

ある日ルーシーはカフェで日付が自分の認識と違うことを知る。

ルーシーは家に帰って桟橋に走り泣き出してしまう。そして駆け寄ってきた父に事故の写真を見せられ、過酷な現実を知る。

 

そして病院に赴いた一行はより重い症状を持つトムと出会う。

そして別れ際にルーシーに明日はナンパに失敗しないでほしいと言われて家族にも認められる。

 

ヘンリーは次の日ルーシーに言われていたユリの花を渡してビデオを渡す。

ルーシーはビデオを見るとそこにはこの1年の出来事をビデオにまとめて事故にあったこと、2人が恋していることをまとめていた。

 

ヘンリーはこれを毎日することを提案して、ルーシーとデートし、ルーシーは友達達と会うことになる。

そして夜ヘンリーはルーシーに愛してると告げて2人はキスをする。

 

2人はその後何度もファーストキスをして23回目で2人は関係を持つことになる。

そして2人は愛を深めていく。

 

ある夜ルーシーとともに寝ていたヘンリーはプロポーズし、快諾される。

しかしその翌朝覚えていないルーシーは叫んでストーカーだと勘違いしてしまう。

 

そしてヘンリーはルーシーのためにアラスカに行くことを諦めることになる。

ルーシーは毎日ビデオを見るようになってから日記をつけていた。そしてルーシーはヘンリーを縛っていることを悟り別れを告げる。

 

ルーシーはヘンリーなしの日記帳を作るがその前に日記を見て欲しいと告げる。

2人は部屋でヘンリーに関する日記のページを消去する。ルーシーは雨が降る中最期のファーストキスをせがんでヘンリーは去っていく。

 

ヘンリーは船を修理しながらルーシーに会いに来るが父は取り合ってくれない。

ルーシーはまた同じ毎日を繰り返すようになっている。

 

ヘンリーはついにアラスカへと旅立つことになる。父も来てルーシーが重荷になりたくないため病院で生活していることを知る。

そして父はヘンリーにルーシーがヘンリーに会った時のみ歌っていたあの歌を送る。

それを聞いたヘンリーはルーシーが自分を覚えていることに気づく。

 

ヘンリーはルーシーの病院に行き、絵を教えているルーシーに自分が誰かわかるかと聞くといいえと言われるがルーシーはヘンリーに自分が描き続けていたヘンリーの似顔絵を見せる。ルーシーはヘンリーを誰か知らないもののなぜか毎晩ヘンリーのことを夢見ると告げる。

ヘンリーはルーシーとキスをして結ばれる。

 

ある朝ルーシーは目覚めるとビデオを見る。すると2人が結婚したことを知る。そして上に上がると船に乗っており娘を抱いて父も一緒にアラスカに来ていた。

 

所感

 

泣いた…

 

いやー最後のヘンリーとルーシーが病院でヘンリーの絵を見るシーンはもうすごく泣けましたね…ヘンリーの一途さがやっと報われたというか…

 

他の要素も相まってとてもコミカルながらも見やすい作品です。扱っているテーマは重いんですけど、私の頭の中の消しゴムみたいな感じで泣けますよね…

 

個人的にはドリューさんの映画ではエバー・アフターに並んで大好きな映画です!ラブストーリーを探してるなら是非見て欲しいですね!

めっちゃいい話…トゥー・リブ・アゲイン 感想、ネタバレ

1998年のHBO製作の映画『トゥー・リブ・アゲイン』を見ました!!

この映画はHBOの製作であまり有名ではないですが評価の高い一作ですよね!

 

採点

 

 

 

あらすじ

娘を事故で亡くした元ソーシャルワーカー。しかし彼女はは実の母親に16年間も監禁され続けていた女性の件を担当することで徐々に本領を発揮していく…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭警察が少女を保護して家まで送る。彼女はかなり暗い影を持っているようだ。

 

ソーシャルワーカーのアイリスは娘を事故で亡くして以来田舎に引きこもっており馬の調教をしていたが同僚に誘われて街に出ることになる。

アイリスは16年間母に監禁されている娘の件を担当することになる。

 

アイリスは家の中に入って部屋に入ると彼女は部屋の隅でうずくまって震えていた。

彼女の名前はカレンで母はカレンを外に出そうとしない。カレンは保護されて怯えながら外に出ることになる。

 

カレンは様々な治療を受け、カレンは過去のことから病院が苦手で気が滅入ってしまう。

カレンは鏡を見て突然叫んで鏡を叩き割り奇声を上げてうずくまるなどかなり苦しんでいる。

カレンはかつて高校では快活な少女でみんなの人気者だった。

 

カレンは病院で薬を勝手に探し出そうとして拘束される。

アイリスは様子を見に来てそこで亡くなった人が運ばれるのを見てトラウマを思い出す。

実はカレンは監禁された上ドラッグ漬けにされていたのだった。

 

カレンには母が面会に来る。そして彼女のゆがんだ教育を知る。

そしてアイリスは施設に任せるより自分が預かると申し出る。

 

カレンはアイリスの家に来て生活をすることになる。

カレンはアイリスの話を聞かずにテレビに見入るなどかなり症状が重い。

 

アイリスはカレンの伸びきったぼさぼさの髪を散髪して鏡を見せる。

さらにシャワーを浴びせるが服を着たままシャワーを浴びていた。

そして服を脱がそうとすると抵抗して座り込んでしまう。

 

カレンはアイリスの家でピアノを一人弾いている。そこでアイリスの亡くなった娘であるジーナの写真を見つける。

彼女は交通事故でジーナを失ったことを語るがカレンは逃げ去る。

 

アイリスはカレンに積極的に話しかけているがそこに母親がやってくる。

彼女はアイリスにジーナを失ったからカレンを奪ったと罵る。

そして家に帰るとカレンがどこかに姿を消していた。カレンは同僚と共に探すと翌朝探すことになるがカレンは深夜に戻ってきてアイリスに助けを求める。

 

カレンは翌朝パンケーキを素手で食べてアイリスは審問会があることを告げる。

アイリスは彼と共にスーパーマーケットに赴いて生活の基本を教える。

 

カレンは昔の同級生と出会いカレンは彼女の娘に見とれている。

カレンは時々アイリスと話すようになり化粧もし始める。

しかしベッドメイクを教えるとうまくいかずに投げ出してしまう。

彼女はまた母親に閉じ込められる妄想に囚われてアイリスは傷の深さを知る。

 

アイリスはソーシャルワーカーとカレンのこと、カレンの母について話すがカレンは自分のせいだと塞ぎ込む。

カレンとアイリスは仲を深めてカレンはアイリスの馬の出産も手伝う。

 

カレンはかなり立ち直ってきて馬の子供の世話をしていたがそこに母親が会いに来る。

彼女はカレンを連れ去って車で逃げていく。しかし警察は取り合ってくれず州立病院に入れられたカレンとアイリスは会うことができない。

 

カレンはドラッグの治療をしておりフェンスの外からアイリスは必死に呼びかける。

アイリスは保安官に協力を求めてカレンと面会することになる。

カレンは目が座っており話がほとんど聞こえていない。

 

審問会が始まり母はドラッグを投与していた言い訳を始める。

カレンは審問会で人生を取り戻したいと語りそして判事はすぐに退院するように命じてカレンは自由を勝ち取る。

 

カレンは一人暮らしを始めてアイリス達は彼女の家を訪れてカレンは笑顔を見せている。

そしてアイリスとカレンは二人で広大な自然を歩く中幕を閉じる。

 

所感

 

グレートな作品ですな…

 

すごく重いなと思ったのはカレンが元は快活な女性だったということ。あまりに過保護な親が間違ったことをして人生を奪うのはもはや親とは呼べませんな。

 

まぁあの母親がストーリーに関与してくることはわかってましたけどかなりあれはしんどい。自分に悪気がないからこそあの年齢から変えるのは無理ですな…

 

最後はハッピーエンドで本当に良かったけどどんな人でもクスリは怖いなと思いました。どんなことがあったとしても自分の中で消化する。これが何よりかな。

評価の割には面白い…リベンジマッチ 感想、ネタバレ

2014年の映画『リベンジマッチ』を見ました!!

リベンジ・マッチ (字幕版)

リベンジ・マッチ (字幕版)

 

シルベスター・スタローンロバート・デニーロ主演のヒューマンドラマでケヴィン・ハートも出演している話題作ですね!

 

採点3.7/5.0

 

あまり期待していなかったのですが、面白かったです!コミカルな部分も多いので見やすいかと思います!

 

あらすじ

1980年代のピッツバーグ。世界戦を目標とするヘンリーとビリーはお互いにライバル関係にあった。そして決着戦の前夜にヘンリーが突然引退。決着は付かずじまいとなり、プロモーターのダンテは30年越しの決着戦を2人にオファーする…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1982年のピッツバーグ、キッドとレーザーは因縁のライバルでキッドが勝利。再戦ではレーザーが勝利したがその後レーザーは引退。3戦目は叶わず年月が流れる。

 

キッドは地元で車とレストランを経営。レーザーは破産して工場にて働いて2人は年を取っていた。

 

工場でレーザーことビリーは働いており入院しているかつてのトレーナーと話す。

そして家の前でかつてのプロモーターの息子のダンテと出会う。ダンテはボクシングのゲームでキッドとレーザーの試合を再現したいと話を持ちかける。

 

レーザーは話を断ってダンテは追い出される。しかしレーザーはトレーナーの施設を移すためにキッドと近づかないことを条件に受けることになる。

 

動きを再現するため現場に行くとキッドが乱入してきて引退きたことを批判され、言い合いになってしまう。

そして乱闘となり撮影はぶち壊しとなりその場を撮影してた動画が流れてしまう。

 

2人は留置所に入れられてダンテから本物のリマッチの話を持ちかけられる。

キッドは対戦に乗り気だがレーザーは断って帰る。

 

しかし次の日レーザーが工場に行くとクビを言い渡されてしまう。

レーザーは金のために試合を受けて2人のリマッチが決まる。

 

しかし記者会見はガラガラで記者たちからバカにされてしまう。

帰り際にレーザーはローズに声をかけられる。ローズは試合をやめるように求めるがレーザーは取り合わずに去る。

 

2人は健康診断を受けてPR活動を2人でやることになる。

2人は撮影中にまた喧嘩になり宣伝になる。レーザーはトレーナーに助けを頼んでコンビを再結成する。

 

キッドもジムでまたトレーニングを始める。そこでキッドは実の息子と出会う。

2人はコーヒーを飲みに行って母親はキッドを最低の男としており、息子はキッドが育てることを放棄したことを悟って金を残して去る。

 

2人は本格的にトレーニングを始めてレーザーの元にローズが現れる。

2人は元恋人だった。ローズは電話の番号をレーザーに教えてレーザーは去る。

 

キッドはスパーリングしてるがボコボコにされてしまう。しかし息子のBJのアドバイスを機に相手をKOする。

そしてキッドはBJにトレーナーを頼みBJも引き受けることになる。

 

BJはトレーニング中に孫を連れてくる。レーザーはプールでトレーニングを積む。さらにPRでスカイダイビングで宣伝する。

 

実はローズはBJの母親でキッドと浮気した末に美が生まれたのだった。

レーザーはそのことを根に持っておりキッドとのリマッチをせず引退したのだった。

 

ローズはキッドとBJと孫と食事をするがキッドと仲は良くない。

2人は総合格闘技のリングで宣伝をする。しかし総合格闘技をけなしてひんしゅくを買う。

そして若い相手が乱入してきてはたかれたレーザーがやり返して大盛り上がりとなる。

 

ローズはレーザーに電話をかけて会うことになる。

キッドはテレビの取材の時BJをトレーナーとしてつけてジムのオーナーと喧嘩になってKOする。

 

ローズとレーザーはデートしている。そこでレーザーはローズが浮気したことを責める。

ローズはレーザーがキャンプで離れていたことを語りレーザーが他の女といるのを見て仕返しにしたのだった。

 

試合は18000人のキャパがある会場となりテレビ中継もされることになった。

しかしデートの帰り道交通事故が起こってローズは負傷してしまう。

 

そして病院でトレーナーにレーザーは片目が見えていないことを指摘される。

実は何年か前事故で網膜剥離となっていたのだった。トレーナーは試合を取りやめると語る。

 

そしてその頃キッドは孫が出した車で事故を起こしかけてBJに愛想を尽かされる。

トレーナーはダンテにレーザーが試合を降りることを告げる。

するとキッドはレーザーの家まで乗り込んできてそこにいたローズとも喧嘩になる。

 

キッドは決着をつけることを強く求めるがレーザーは断って家に帰る。

しかしレーザーは思い直してかつて保持していたチャンピオンベルトを手に持つ。

そしてレーザーはBJの家に行きローズに試合に出ると告げる。

 

レーザーはローズにかつて自分がローズとボクシングから逃げたことを語り今度こそ逃げないと告げる。

レーザーはトレーニングを再開してキッドもBJに実はいつも気にかけていたことを告げて成長を見守ってきていたアルバムを手渡す。

 

試合当日を迎えた2人。会場は満員だ。BJもキッドのトレーナーとして手伝いに来て2人はついにリングで対面する。

 

試合が始まるとレーザーがジャブをついてキッドはワンツーをヒットさせる。

レーザーもワンツーを返して激しい打ち合いとなりキッドがゴングが鳴った後にパンチを出す。

 

レーザーは大振りの左を当ててキッドをダウンさせる。

さらに立ち上がったキッドをまたダウンさせるがカウンターのフックをもらって反撃される。

 

ラウンドは進んでいき2人とも満身創痍となっていく。

しかしレーザーは見えていないことをキッドのチームに悟られてしまう。

ファイナルラウンド。キッドがレーザーを滅多打ちにしてダウンさせる!

しかしキッドはレーザーに手を差し出して立たせて試合を続行する。

そしてキッドは目が見えていないことを悟りが正面から行くと宣言して2人は打ち合う。

そして終了間際にレーザーのフックでキッドはダウン!立ち上がれないキッドにレーザーは手を貸して2人は試合終了のベルを聞く!

 

ローズは試合後リングに上がってレーザーとキスをする。

そして採点はレーザー!しかしキッドは笑顔でBJと抱き合い、レーザーとキッドは嫌いだけど検討を称え合う。

 

3ヶ月後レーザーの家出トレーナーとダンテがファイトマネーで買ったテレビを見ていてキッドが出演しているテレビを見る。

そしてダンテはマイク・タイソンイベンダー・ホリフィールドにリマッチの話を持ちかけている。

 

所感

 

面白いやん笑笑

 

正直あまり期待してなかったのですが結構面白かったですね笑。名作とは言えないかもしれませんが2人ともキャラが立っててよかったです。

 

個人的に印象に残ったのはダンテのアホさ加減かな笑笑。とにかく高い声で大声出してるのが芸なんですけどセントラル・インテリジェンスでもそうでしたな笑。

 

スタローンとデニーロということでキャスト陣が豪華でしたが最期のタイソンとホリフィールドはびっくりしたな笑。タイソンがこんな映画に出る日が来るとは…

ケイト様の演技力は凄まじいな…キャロル 感想、ネタバレ

2015年の映画『キャロル』を見ました!!

キャロル(字幕版)

キャロル(字幕版)

 

この映画は公開後各地で大きな話題を呼んで主演のケイト・ブランシェット、助演のルーニー・マーラがそれぞれアカデミー賞にノミネートされましたね!!

 

採点4.3/5.0

 

もう凄まじい演技力です。映画が好きな人ならば必ず見て欲しいし、評価の高い一作ですね!

 

あらすじ

 

1952年のニューヨーク。デパートでアルバイトをしているテレーズは息子のプレゼントを探すキャロルと知り合う。

その後クリスマスカードの交換を機に2人は仲を深めてテレーズは求婚中の彼氏と離婚協議中のキャロルとの間で想いが揺れる。

そしてキャロルと旅行に行くことになるが…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭レストランでキャロルとテレーズは食事をしている。そこに知り合いのジャックがくるがテレーズは邪魔そうに応対するが彼女はパーティに呼ばれることになる。

 

キャロルは参加しないことになり、外で電話している。テレーズはジャックの車に乗り窓からキャロルが他の男性と親しく話しているのを見ている。

 

それより前テレーズはキャロルと会った日のことを思い出している。朝起きて彼氏に自転車で送ってもらい、デパートのおもちゃ売り場のレジとして働く。

 

その時遠くから自分を見つめているブロンドの髪の女性と目が合う。

彼女はテレーズにクリスマスに娘へのプレゼントを贈りたいとテレーズに話しかける。売り切れだった目当てのものに変えて列車のおもちゃを勧めキャロルは購入する。

テレーズは手続きを終えて去るキャロルを見つめている。

 

キャロルは娘の世話をしているが夫との中はあまり良くないようだ。

キャロルはテレーズを呼び出して二人は会食をすることになる。

 

キャロルはテレーズを気に入っているようで離婚することを打ち明ける。

テレーズは彼氏のフィルが結婚したがってるといい、キャロルは結婚したいのか聞くと口ごもる。

そしてキャロルは自宅にテレーズを誘う。

 

キャロルはその夜夫の母の誕生パーティに出席する。

テレーズは写真を撮るのが趣味で、キャロルは夫にクリスマスに家に来るように言われるが恋人のアビーのことを言われて気に触る。

 

テレーズはキャロルと車に乗りキャロルの魅力に引き込まれる。

キャロルの写真を撮るテレーズ。キャロルの家にたどり着く。

 

テレーズはキャロルの家でも娘との触れ合いを見て夜にピアノを弾く。

会話していると夫のハージが帰ってきてテレーズを見られて娘のリンディをクリスマスより早くおばあちゃんの家に連れて行くと告げる。

 

ハージはキャロルも誘うがキャロルは拒否して喧嘩をし始める。

ハージはリンディを乗せてくるで去っていく。

キャロルはテレーズを送ってくれるがテレーズは一人になって泣き出してしまう。

 

その夜キャロルはテレーズに電話をかけて辛く当たったことを詫びる。

そして2人はまた会うことになる。

 

キャロルはハージが差し止め請求をしてリンディと審議が終わるまで会えないことになる。

自身がレズビアンであることを指摘されてのことだった。

 

テレーズはフィルにクリスマスに誘われるが、男と男が突然恋に落ちることはあるかと尋ねて女性に恋したのか聞かれて取り乱す。

キャロルはアビーと話し合い、キャロルはその後クリスマスにテレーズに家にプレゼントを渡しに来る。

 

キャロルは飾ってある自分の写真を見て2人は飲み物を飲みながら会話する。

そしてキャロルはしばらく旅に出ると告げる。そしてテレーズも誘われて二つ返事で答える。

 

テレーズはフィルに行かないで欲しいと言われるが、2人は別れることになる。

キャロルとテレーズは2人きりで車で旅に出る。

 

テレーズも喫茶店でプレゼントを渡して、夜コテージに泊まる。

アビーはハージにキャロルの居場所を聞かれる。

そして次の夜2人は同じ部屋で寝ることになる。その夜テレーズは眼鏡をかけた男性に話しかけられる。

 

翌朝テレーズがその男、タッカーと話しているとキャロルも下で話すことになる。

タッカーに教えてもらった近道で車を走らせる2人。

テレーズは多くの手紙をリチャードからもらうがあまり興味を示さない。

 

2人はホテルの部屋でキスして2人はベッドで関係を持つ

翌朝電報が届いたことをキャロルは知る。実はタッカーはハージに雇われた探偵で昨夜のことをテープに隣の部屋で録音しておりキャロルは銃を突きつけるが空砲だった。

 

昨夜のことをハージに報告しており、キャロルはかなり焦る。

テレーズは帰りの車で断るべきだったと言い、2人はその夜抱きしめ合い、関係を持つ。

朝テレーズが目覚めるとアビーがいてキャロルは去っていた。

 

キャロルはテレーズに手紙で別れを告げていたかわかる時がくると諭す。

テレーズは納得がいかずに飛び出して泣き出してしまう。

 

テレーズはキャロルの写真を現像してテレーズはキャロルに電話をかけるがキャロルは震える手で電話を切る。

キャロルは後日ハージの両親と会食するがリンディを見ると一目散に駆け寄る。

 

キャロルは真剣の話し合いでハージを攻め立てて面会権を求める。

転職したテレーズは倦怠感を出しながらキャロルを想っている。

 

ある夜キャロルはテレーズに呼び出されて夕食をとることになる。

2人は話しているとジャックが来て冒頭のシーンに戻る。

 

テレーズはパーティに行くが居場所がない。そして彼女はまたレストランに戻ってキャロルを見つめる。キャロルも不敵な笑みを返して2人はまた惹かれ合う。

 

所感

 

グレートな映画や…

 

ケイト・ブランシェットブルージャスミン、ベンジャミンバトン、アビエイターとものすごい演技をしてきたけどこの映画が1番印象的かな。

 

私の友人も言ってましたがこの人はとにかく表情の作り方がすごい。場面によって本当にカメレオンのように作れてしまうので見ていて全く違和感がない。

 

内容というかテーマが少し異色なため見る人は選ぶかもしれないけど、映画としての完成度は群を抜いている。アデル、ブルーは熱い色と似てますよね。

知らんかったけど面白いぞ!!悪いことしましョ!感想、ネタバレ

2000年の映画悪いことしましョ!』を見ました!!

悪いことしましョ! 特別編 [DVD]

悪いことしましョ! 特別編 [DVD]

 

この映画はイギリスのスーパーモデルのエリザベス・ハーレーが主演していることで話題になったコメディですね!

 

採点3.6/5.0

 

かなり面白いです!展開が読めそうで読めないので見ていて楽しいですね!

 

あらすじ

 

コンピュータ会社で働くダメな男エリオット。ある時片思いの女性アリソンと付き合えるならなんでもすると呟くと悪魔の場所が現れて魂と引き換えに7つの願いを叶えると言われる。

契約を交わしたエリオットは願いを叶えていくが…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンピュータ会社で働くエリオット。彼はいわゆる駄目男で頼りなく同僚達からも全然好かれていない。飲み会に来てもみんなに嫌がられてしまう。

 

するとそこに美人のアリソンが来てエリオットは心を奪われている。

しかしアリソンはエリオットのことを全く覚えていない。しかもかわされてしまう。

そしてエリオットは窓の外に何でもするから願いを叶えて欲しいと呟く。

 

すると美女がビリヤードの玉を拾わせてエリオットと話す。

彼女はエリオットを誘い静かな場所に連れ去り、人前でキスをする。

 

彼女は願いを叶えてやるからとビジネスの取引を持ちかけ、自分は悪魔だと語る。

エリオットはふざけてると思い笑顔で去るが先回りされている。

悪魔は車を燃やしてエリオットの惨めな生活を指摘して願いを叶えるというが結局エリオットが欲しがったハンバーガーをマックに買いに行く。

 

悪魔はエリオットをスーパースターにして自分がオーナーをしているクラブに入る。

エリオットはモテモテで悪魔は目の前で変身したりして悪魔であることを信じさせる。

 

そして悪魔は魂を差し出す代わりに願いを叶えることを持ちかける。

エリオットはアリソンの映像を見せられて契約書にサインする。

 

エリオットはアリソンと結婚してめちゃくちゃ金持ちになることを願う。

目覚めると隣にはアリソンが寝ておりスペイン圏の金持ちになっている。

めっちゃ傲慢になったエリオットはアリソンが他の男とイチャイチャしてるのを見て嫉妬して追いかけるが愛されていないようで鬱陶しがられる。

 

エリオットはアリソンが不倫していることを知り、問い詰めるとアリソンはエリオットを軽蔑していることを告げてめっちゃディスって唾を吐きかけられる。

そして工場でも揉め事が起こりそこで初めて自分がコカイン王であることを知る。

しかもロシア人にブツに不満をぶちまけられ足を洗うと言うとアリソンの不倫相手に裏切られて銃撃されてしまう。

 

何とか逃げ出すものの工場は爆発してヘリコプターに捕まるが悪魔と話せるポケベルを落として空中で間一髪ダイアル666を押して悪魔と再会する。

 

アリソンはエリオットに女が真に求めることを知るようにアドバイスする。

アリソンの部屋に悪魔の力で入るとアリソンの日記を見る。

そこにはアリソンが繊細で正直な人を求めていることが書かれていた。

 

エリオットは世界一繊細な男になることを願う。そしてアリソンに愛されることも願う。

すると何だか女っぽい見た目になって夕べの海岸で2人で過ごす。

すると夕日の美しさに泣いてしまうほど繊細になり、アリソンに繊細すぎるからやだと振られてしまい、自分を奪ってくれる男の元に行ってしまう。

 

エリオットはポケナビを押して悪魔と再会。エリオットは悪魔に夢を台無しにしてると告げると悪魔はうまくいかなくて文句を言われてこの仕事やだと泣き出してしまう。

 

エリオットは強くリッチで人気者でスポーツマンであるバスケットボール選手になりたいとねがう。

 

するとエリオットはNBAの舞台で活躍しており試合後にキャスターのアリソンと出会い、独占取材を申し込まれる。

しかし頭の弱さが仇になって去られてしまう。

 

ポケベルを押したエリオットは頭が良く話がうまく人気者でハンサムな男になりたいと願う。

 

エリオットはアリソンのいるパーティに出席しており作家になっている。

いい雰囲気になるが寝室に男が寝ていてゲイと勘違いしたアリソンは帰ってしまう。

 

エリオットはポケベルを押して悪魔と再会。アメリカ大統領になりたいと願う。

 

アメリカ大統領となったエリオット。みんなから尊敬されている。

しかしリンカーンだったため暗殺されかけてポケベルを使う。

 

エリオットは仕事場に翌日遅刻して職場のパソコンで悪魔と話す。

悪魔と契約を破棄して会社を去っていく。教会で話をするが変人と思われて警察に連行されてしまう。

 

悪魔は警察に扮装してエリオットに運命に逆らわず生きる道を歩むことをアドバイスする。

留置所にぶち込まれてそこにいた男と話すが彼は何か知っていそうで魂の話をする。

 

エリオットは保釈後かつてのナイトクラブに足を踏み入れる。

悪魔にもう願い事はしないと告げてもう何もいらないこと、人生で大事なのはゴールではなくプロセスだと告げる。

しかし悪魔は取り合わずエリオットから魂を奪おうとする。

 

殺されかけたエリオットはアリソンの幸せを願い事として告げて地獄の炎に落ちていく。

気がつくとエリオットは悪魔と裁判所にいて契約の無効をすることになっている。悪魔との契約は自身の目的ではない願い事をした場合無効になるのだった。

 

エリオットは後日アリソンに声をかけてコーヒーを誘うが彼氏がいると言われてしまう。

それをバカにしていた同僚達にやり返して、隣に住んでいたニコールと出会い彼女の引越しを手伝うことになり2人は話が合う。

 

後日デートしている2人を悪魔と監獄であった男が見ている。彼も悪魔だった。

 

所感

 

めめめ、めっちゃおもろいやないですか…

 

まぁこの映画のメッセージは人に好かれようとするのではなくてありのままの自分を受け入れてくれる人との相性が1番いいってことかな。

 

その通りなんですけど実際にはどうしてもこうなって欲しいとかこうなりたいとか思っちゃいますよね…そうやってすれ違っていくのかな。

 

ちなみに悪魔役のハーレーさんはめっちゃお綺麗。この当時既に35歳とのことですがスタイル抜群で全ての衣装が決まってましたな笑笑。

コンサートのソロって緊張…アンコール 感想、ネタバレ

2013年のイギリス映画『アンコール』を見ました!!

アンコール!! (字幕版)

アンコール!! (字幕版)

 

当時大きな反響を呼んだ映画で、数々の名曲も歌われていますね!!

 

採点3.8/5.0

 

話の構成がとてもうまいです。見やすいし、登場人物が少ないので頭に入ってきますね!

 

あらすじ

 

頑固な老人アーサーは息子とも溝ができてしまうほど気難しい。

そんな彼が愛する明るい妻マリオンのガンが再発してしまう。

アーサーは彼女の所属する合唱団の年金ズに代わりで参加して国際コンクールの選抜をめざすが、個性豊かなメンツに面食らってしまう…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭老人の多い合唱団が練習しており、アーサーは妻のマリオンを迎えに来る。

マリオンは車椅子でアーサーはマリオンの周りの人と打ち解けないほど気難しい。

 

年金ズはコンクールに出場する企画をしており歌っていたがマリオンは途中で倒れてしまう。

アーサーはマリオンの入院した病院に行き、意識のない彼女を見て深く悲しむ。孫のジェニファーもくる。

 

マリオンは回復するが癌の再発を宣告されてしまう。

マリオンは家に帰り、化学療法をしないことに決める。しかし余命は数ヶ月だ。

 

ある朝目覚めると家の前で年金ズがマリオンのために歌っている。

アーサーは好意が分からずみんなに失せろと叫んでマリオンと喧嘩になってしまう。

マリオンはみんなに謝るようにいうがアーサーは拒否してマリオンは口をきかない。

 

そこでアーサーはマリオンを合唱団に連れて行くことに決めてアーサーはふてぶてしく謝罪する。

マリオンは練習に参加することになり、ソロを歌うことになる。

 

翌朝マリオンは体調を崩してアーサーが代わりに年金ズに行くことになる。

徐々にアーサーはマリオンの楽譜を持つ手伝いなどを始めることになる。

 

息子のジェームズとジェニファーもコンサートに呼ぶことになる。

しかしジェームズは遅れてアーサーは怒りながらジェームズの職場に来る。しかし喧嘩になってしまいアーサーは去っていく。

 

コンサートは野外で行われてヘビメタ風の曲から始まる。

アーサーもその風景を見ながら微笑んでいる。さらにマリオンはソロで歌い始めてアーサーはコンサート後講師のエリザベスから合唱団に誘われる。

 

マリオンはその後体調を崩して、ジェームズとはまだ仲直りできない。

そしてその夜マリオンは息を引き取りアーサーは悲痛にくれる。

 

ある日エリザベスがアーサーを訪ねてくる。そして本大会に進むことになったことを告げる。

そして合唱団の合唱を外で聞いているアーサーはマリオンの仲間たちからのマリオンの話を聞いてエリザベスを夜まで待つ。

 

そしてエリザベスの車に乗って送ってもらい、歌を口ずさむ。

その夜彼氏に捨てられたエリザベスは泣きながらアーサーの家に来てエリザベスを励ます。

 

ある日誰もいない教室でエリザベスに自身の歌声を聴かせるアーサー。

アーサーは翌日から年金ズの一員として参加することになる。

 

アーサーはジェニファーを迎えに行きジェームズに放った言葉は本心ではないと語る。

しかしジェームズは心を開かずアーサーとは溝ができてしまう。

 

アーサーはエリザベスからマンツーマンで指導されてジェニファーとも関係を深める。

エリザベスはジェームズをコンサートに誘って歌声を聴かせて仲直りするように告げる。

 

ジェームズと話すアーサーだがジェームズは今更だとして背を向ける。

そのことで自信をなくしたアーサーは年金ズを辞めてしまう。

 

アーサーはその夜マリオンからの手紙を読んで何かを思う。

しかし翌日コンサートへのバスには姿を現さなかった。

 

そして迎えたコンサート本番。その頃ジェームズはマリオンが保管していた自身の小さな頃の写真を見てコンサートのチケットを見る。

アーサーはリハーサルの控え室に来て年金ズに参加することになる。

 

しかし年金ズは規格外につき除外という判断をされて出場できなくなってしまう。

しかしアーサーは舞台に上がってエリザベスも舞台に上がり、ほかの年金ズも舞台に上がる。

 

なんとか歌えることになり年金ズは合唱を始める。

そしてアーサーはソロを歌い、ジェームズとジェニファーも見ている前で見事に歌い上げて三位に入賞する。

 

夜ジェームズは留守番電話にメッセージを残して2人は和解する。

 

所感

 

王道ですな…

 

やはり映画はシンプルなものが一番好かれますよね。ちなみにエリザベス役の人って007でオイルまみれにされて殺されちゃった人ですよね…

 

この映画で意外だったのはマリオンの死かな。最後まで生きていてアーサーが代わりに歌うのを見てるのかな?と思っていたのですがきっと天国から見ていたと思います。

 

ちなみにこの映画登場人物が極端に少ないです。端役は多いんですけど、メインの登場人物はジェニファー入れても5人かな?なのですごく入りやすいですね!

好きなことを仕事にしよう…シェフ 三ツ星フードトラック始めました 感想、ネタバレ

2014年のアメリカ映画シェフ 三ツ星フードトラック始めました』を見ました!!

アイアンマンの監督でウルフ・オブ・ウォール・ストリートにも出演する俳優のジョン・ファヴロー監督、主演作でダスティン・ホフマンスカーレット・ヨハンソンも出演しています!!

 

採点4.0/5.0

 

ストーリーはとても王道です。それでも飽きさせないテンポの良さがありますね!

 

あらすじ

 

一流レストランのシェフカールはオーナーと喧嘩して店を辞めてしまう。

マイアミに行った彼は元妻や息子、友人達と協力してフードトラックで移動しながらサンドイッチを売ることになるが…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カールはレストランでシェフとして働いている。息子のパーシーと話してハードトラックをやれと元妻に言われて拒否したが息子は乗り気なことを知る。

 

今夜来る批評家の対策をしてオーナーのリーバが厨房に来ていつものメニューを出すように警告される。

カールはリーバに言われた通りにメニューを作り直すことになる。

 

ワイナリーのモリー達と批評家のレビューが高かったことの打ち上げをするカール達。しかしシェフとしての腕前は酷評されており空気は凍ってしまう。

 

マリーと付き合っていたらしいカールは料理して、翌日元妻のイネズと話す。

パーシーを1時間も待たせたことを批判されてパーシーと映画を見に行ってすぐに料理の研究をしに行く。

 

研究の成果を同僚達に絶賛させるがツイッターに書かれていることが何なのか気になる。

パーシーに言われて批評が拡散されていることを知り、自分でチェックするものの酷評されていることを知る。そして悪口を書いた相手に暴言で返す。

 

そしてその悪口を拡散されていることをパーシーから告げられてさらに暴言で今夜新作を食べに来いと返す。

 

イネズはカールが好きなものを作れていないことを察するがカールは屋台を固辞する。

そしてリーバが勝手にメニューを変えるのは許さんとして喧嘩になってしまう。

そしてクビになってしまうカール。

 

カールは1人料理の研究に没頭きてカールの代わりにシェフとなったトニーは大変そうだ。

そしてカールは批評家のミシェルに暴言を吐いてその様子をまた拡散されてしまう。

 

元部下のマーティンとバーで話してモリーにどこからも声がかかっていないことを吐露する。

モリーにもっとパーシーに構うように言われる。

 

イネズと話すがマイアミに共に来ないかと誘われる。

そしてイネズが仕事をしている間パーシーの面倒を見て欲しいと頼まれる。

 

マイアミで過ごす3人。友人でイネズの最初の旦那ののMarvinと話してフードトラックの援助を頼む。

パーシーも屋台を手伝うことになるが喧嘩してパーシーは逃げ出してしまう。

 

カールはパーシーに謝罪してマーティンも手伝いに来てくれる。

そして他のヒスパニック系の人々の助けを借りて荷物をトラックに乗せて3人は屋台でサンドイッチを作ってヒスパニック系のみんなに振る舞い始める。

 

さらにマーティンは夜の間に車を塗装しておりキューバ料理の屋台が完成する。

ビーチで運営すると屋台は大反響を呼んで移動させられるがツイッターでも評判を呼ぶ。

カールとパーシーは親子でバーボン通りを歩いてベニエを食べて絆を深める。

 

そしてパーシーがツイッターで客を呼んで街中で開店を始める。

さらに屋台はテキサス州に向かい新たなメニューを作って反響を得る。

 

カールは電話でイネズに愛してると叫ぶがイネズも返して少し間ができる。

そしてパーシーに率直に旅が一緒にできて楽しかったと告げる。

そしてパーシーは夏が終わっても続けたいとするがそれはできないとカールは告げる。

 

そして最後の日家にパーシーを届けると抱きつかれるカール。

自宅に帰ったカール。旅の思い出の動画を眺めて微笑んでいる。

そして屋台を続行することを決めてカールは泣きながら週末と放課後だけパーシーも手伝うことになる。

 

そしてカールの屋台にはイネズも手伝っている。そして批評家のミシェルもカールと話したいとして訪れる。

 

ミシェルはこっそり屋台のフードを食べたとしてサンドに感動したとして絶賛したが記事には書かないこと、そして投資をしたいと語る。そして店を用意したから好きに使って欲しいと語る。

 

6ヶ月後レストランを開店したカール。多くの人が訪れてパーティしている。

イネズやパーシーも幸せそうでエンドロールとなる。

 

所感

 

僕もやってみようかなと思いました…

 

作品的にはかなり王道の映画でストーリーもこうなるんだろうなという方向に進みます。意外性は全くないですね。

 

ただテンポがとても良くて最後はイネズもお店を手伝うハッピーエンド。やっぱり楽しく仕事をするのが一番ですよね。

 

キャスト陣がめちゃくちゃ豪華だったんですけどイネズとカールは復縁したのかな?最後にそこだけ気になりました。