グッドウィルの映画日記

愛する映画の感想を書いていきます

なかなかの名作ですな 1枚のめぐりあい

こんにちは管理人です。

ザック・エフロン主演の一枚のめぐり逢いを見ました。

一枚のめぐり逢い [DVD]

一枚のめぐり逢い [DVD]

 

ベタな展開ながらもラブストーリーとそこの背景のヒューマンドラマがうまく折り重なっていてテンポも良く見れる作品になっています。

キャラがみんな立っているので話もわかりやすいのでとても面白かったです!

 

採点4.1/5

 

あらすじ

 

アメリカ海軍の軍曹ローガンはイラクでの任務を終えて帰国する。

彼は戦地で常に心の支えだった写真に写る一度もあったことのない女性ベスを探しやがて見つけてともに働き始めるが…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭戦地にいるローガンの部隊。イラク人のアジトに突入する。敵の銃撃を受け味方が負傷する。敵を倒すローガン。

 

ローガンの部隊は戦地から撤退する。

その間際一枚の女性が映った写真を手にするが直後爆撃を受け吹き飛ばされる。

 

実はローガンの下に地雷があり写真を撮りに行ったことで命拾いしていた。

写真の裏には無事を祈っていると書かれていた。

 

8ヶ月後写真を肌身離さず持っているローガン。戦車で移動中爆撃を受ける。

 

場面は変わって帰国したローガン。

親戚の家に居候するが邪魔者扱いで子供のゲームの音に反応するなど心的外傷後ストレスを患っている。

子供が自身に寝ているときに飛びかかると思わず首を絞めてしまうローガンは居場所がない。

 

姉にビデオレターを渡し黙って家を出る

犬とともに野宿しながら各地を徒歩で放浪するローガン。女性を探しながら聞き込みもしている。

 

すると知っている人物に出会い彼女を訪ねる。

写真の女性ベスと出会うローガン。ベスは犬の養成施設を経営していた。

 

ローガンは写真を見せようとするがベスは養成所に働きに来たと勘違いしローガンは何も言わずに契約書にサインする。

 

歩いてコロラドからルイジアナに来たというローガンにベスは祖母のエリーに雇いたくないと話すがエリーはローガンと話し採用することにする。不満のベス。

 

めちゃくちゃボロい小屋で住むことになるローガン。犬を訓練しながら小屋の修理などに精を出す。

 

ベスの子供はローガンに興味を示している。

仕事をこなすローガン。

ベスは元教員のようだ。

 

訓練所に訪れる保安官。ローガンに詰め寄り身体チェックをし、元兵士であることを見抜く。

保安官のキースはベスに4時と伝えるように言って去る。キースはベスの元旦那だった。

彼はローガンとの仲を聞くがベスはなんでもないと語る。

 

ローガンはベスを遠くから見つめるがベスはあまり彼をよく思っていない。

エリーは彼を気に入っているようだ。

息子のベンは学校でいじめられている。

ベスはフルタイムで復職しないか打診されるが断る。

 

訓練所でベンのバイオリンを聞いて声をかけるローガン。

ローガンはエリーを合唱団の練習に送る時に戦死した孫とローガンが似ていると語る。

そしてベスが悪い人間ではないと語る。

 

帰宅するローガン。しかし誰もいないようだ。

部屋のピアノを弾くローガン。それを聞いたベンがそっと見つめている。

ベスが帰ってくると演奏をやめ引き上げるローガン。

 

ベンはローガンに夕食を一緒に食べようと誘う。嫌がるベスだが食べることになりベンはベスが高校で妊娠し大学に行かなかったことを語る。

ベンとチェスをするローガン。負けてしまうローガンは皿洗いすることになる。

ベンがローガンがピアノを弾いていたことを聞き一瞬固まるベス。

 

ローガンはベンと打ち解けているが寝る時間が過ぎているとベンは寝ることになる。

ベスは兄が戦地で亡くなり家族みんな心を痛めていると語る。

別れ際にローガンは写真のことを話そうとするが何も話せなかった。ベスはいつでもいいといい別れるがその様子をキースが見つめていた。

 

ベスとエリーは手を繋ぎ兄の墓参りをしている。イライラしてガーデンを荒らすベスをローガンは止めに入る。泣き出すベスをなだめるローガン。ローガンはベスの心の傷を悟る。

 

ベスは兄が味方の誤射で亡くなったかもしれないことを語る。そして現在も調査中で無駄死にではないか気になると語る。

兄との思い出話をして泣き出してしまうベスを優しく抱き抱えるローガン。

 

ローガンはベスの笑い声をもっと聞きたいと語る。

ベスは家で、ローガンは小屋でお互いのことを気にかけている。

 

キースと野球の試合から帰って来たベンはゴロが顔を直撃して鼻血を流している。

ベスは元旦那のキースのために頑張った結果そうなったと語るとキースはベスに詰め寄り、腕を掴んでベンを引き取ると脅す。

ローガンはキースにベスを話すように言いベスは逃げキースはローガンに笑みを浮かべながら去って行く。

 

ベスはローガンにキースの父が地元の有力者でベンをいつでも引き取る力があること、高校時代に妊娠したこと、キースの女遊びが原因で離婚したことを語る。

 

ベスはローガンと飲みに行く。

エリーにはデートじゃないというがバレてるようだ。ローガンはベスに海兵隊のことを語る。

ベスはローガンに見せたいものがあるといい釣り船に連れて行く。

彼女の両親は事故死し、だから兄と仲よかったことを語る。

 

帰宅途中話す2人。ローガンはベスにキスする。照れるベス。

そこに現れる警察のダニー。キースの差し金で来た彼は帰宅するよう促し2人は別れローガンはキース一家の圧力を感じる。

 

ベスはローガンの仕事中もずっとローガンを見つめている。それに気づくエリーに取り乱すベス。

 

ローガンは夜釣り船をメンテしている。

ベンに会いに来たローガンは目当てがベスであると見抜かれベスがいる納屋に行く。

キスする2人。2人はこの夜関係を持つ。

 

ローガンはベスとベンと3人で遊ぶようになっている。幸せそうな3人。

ベスはエリーにやがてローガンはここを出るのではないかと心配していると語るがエリーは少しにやけている。

 

パーティでローガンを睨みつけるキース。

キースはベスになぜローガンがいるのか問いかけローガンと付き合わないように迫る。

息子のことは自分に決定権があると言い放ちローガンはベンに悪影響があると語り、圧力をかけると脅す。

 

ローガンと話すベスはベンを失いたくないと語る。ローガンはベスに君らしい人生が他にあるといい去ってしまう。

エリーも異変に気付く。

 

歩くローガンの後ろから車で追ってくるキース。自分がもっといい職を紹介してやると語るがローガンはキースに権力を盾にしているだけだと言い放ち去って行く

 

エリーはベスに子供のために全て捧げるのは無償の愛ではないと語るがそれに反発するベス。

 

キースと会うベスとベン。

ベスはベンを奪うならキース一族と戦う。

裁判所で争いたくなければもう近づくなと言い放ち去って行く。

帰宅したベスはローガンと外で激しく愛し合う。その後も家で愛し合う2人。

 

翌朝ベスはローガンの写真を見かけるが気づかずなぜこの街に来たのか聞く。

君と会うためと語るローガン。

 

幸せそうな3人の描写が続く。

 

教会の合唱団のピアニストが手首を折りローガンが弾くことになる。手伝うように言われるベンだが逃げてしまう。ベンは秘密基地でピアノを弾く時に隣にいてくれた諭され承諾する。

 

愛し合うローガンとベス。しかしキースが家の外で嫉妬している。

教会でピアノを弾くローガン。そしてベンがローガンのピアノに合わせてみんなの前でバイオリンを弾く。

2人の息のあった演奏にキースは戸惑う。ベスは嬉しそうだ。キースはベスの表情を見て悲しげな表情を浮かべる。

 

ベスは復職するかもしれないと語る。

キースはバーでベスを探し回っていた男がローガンであることを聞く。

 

ローガンが戻ると部屋が空いていて写真がなくなっていた。

夜家に来るキース。職務できたというキースはベスに写真を見せる。

ローガンが写真を持っていたというキースは偶然来たのではなくバスを探しに来たことを教え兄が味方に撃たれたことを引き合いに出しローガンがストーカーで兄を殺したのではないかと伝える。

 

キースが帰った後ベスはローガンを問い詰める。ローガンは夜間襲撃後の朝写真を偶然見つけたこと、写真を落とした兵士を探そうとしたが誰も名乗り出なかったこと、戦場で天使にあったような気持ちになり持ち続けたところ奇跡的に生き延び帰国後礼を言おうとしていたことを語る。

ベスはローガンではなく兄が助かるはずだったと言い、ローガンに今すぐ出て行くように言う。

 

去るローガンを追って来て本を渡すベン。

ベスを大事にするように伝えてハグするローガン。ペンダントを渡していつも隣にいると告げ去って行く。

 

翌朝メンテされた船を見るベス。

エンジンがかかる思い出の船に想いを馳せる。

 

キースはバーでダニーと酒を飲んでいる。

ローガンを見つけ車を止めるキース。

ローガンに詰め寄り挑発し、銃を向けるがローガンは銃を奪い解体してキースに悪いやつではないと言い去って行く。

 

キースは実家で殺せたことを後悔する。

エリーはベスにローガンが写真を拾ったのは運命で彼のせいで兄が死んだのではないと語る

小屋でベンに渡された本の中にベスの兄エースが映る写真を見つけるローガン。

戦場で聞き覚えのあるエースの名を思い出しベスの元に行くローガン。

 

その頃ベスの家にはキースが来ているが様子がおかしい。彼は皿を手に取りもう一度やり直したい、自分は変わると言うがベスはもうやり直さないと告げ諦めるよう諭す。

しかしキースら今すぐベンを連れて行くといいベンを探し外に見つけた彼は飛び出し追いかける。ベスも追いかける。それを見かけたローガンも追いかける。

吊り橋がキースとベンの重みで落ちてしまう。

外は土砂降りで流れの急な川になんとか捕まるが上の秘密基地が落ちて来そうだ。

2人を助けに川に入るローガン。キースは足が挟まったためベンを連れて戻るローガンだがキースの頭上から秘密基地が落ち秘密基地とともに流されて行く。

 

キースは亡くなった。キースの父に孫を救った礼を言われるローガンはベンを救ったのはキースだと告げる。

 

ベスの家を訪れるローガン。ローガンはベスにエースの最期を知っており、現場にいたと語る。

そこでエースは敵の罠にはまり撃たれた部下を彼は介抱していたところを敵に撃たれたと告げる。そして去るローガン。

 

翌朝訓練所を去ろうとするローガンを追いかけるベス。ローガンに行かないでほしいといい朝日の中で抱き合いキスする2人。

 

後日、ベンは船を操縦していて後ろでいちゃつく2人をチラ見している。

 

所感

 

思ってた100倍くらい良かったです。

ザック・エフロン主演ってことでどうしてもセブンティーン・アゲインとかハイスクール・ミュージカルみたいな感じを相談してしまうんですけどこの映画はかなりシリアスなんですよね。

 

この映画で一番グッと来たところはエリーがベスに子供に全てを捧げるのは無償の愛ではないというところですかね。

いやもう本当にそうでシングルマザーだって人生があるんですよね。子供のために生きているわけではなくて。子供を盾に逃げたらダメですよね。

 

まぁ運命によって引き寄せられた2人が恋をしてそれが成就するっていう王道が良かったですよね!

キースの気持ちもわからんでもないし。

アウトな描写多かったけど。

 

本当に写真はきっかけに過ぎなくて2人が出会って惹かれあった。結果幸せになった。

それが全てなんじゃないですかね。