グッドウィルの映画日記

愛する映画の感想を書いていきます

あんなでっかいいじめられっ子おらんやろ… セントラル・インテリジェンス 感想

2016年のアメリカ映画

セントラルインテリジェンスを見ました。

ドウェイン・ジョンソン主演でアクションコメディ映画ですね。

採点4.0/5

 

ドウェイン・ジョンソンがノリノリで頼りになるけどおバカなエージェントを演じきっていて疲れた時に見たい一本になってますね!

とてもポップな内容なので見やすいと思います!!

 

 

あらすじ

高校時代に人気者だったカルヴィン。彼は平凡な会計士をしていたがある日当時デブでいじめられていたボブから連絡があり会いにいくと彼は筋肉ムキムキになっていた。

そして彼はCIAで組織に濡れ衣を着せられているから匿ってほしいとカルヴィンに頼みカルヴィンもともに逃げることになるが…

 

 

以下ネタバレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場面は20年前のセントラル高校。かなりデブのボブがロッカーで踊りながらシャワーを浴びているといじめっ子たちに連れ去られる。

人気者のカルヴィンは校長から全生徒の前で最高の生徒として表彰される。

そこで彼はスピーチをしていたがそこに全裸のボブが会場に放り込まれる。

爆笑に包まれる会場。カルヴィンは彼に自分のスタジャンを羽織るように言うがボブは出て行ってしまう。

 

20年後会計士をしているカルヴィン。思うように出世できずにストレスがたまっている。

 

その夜妻で高校の同級生のマギーと外食をするカルヴィン。同窓会に行こうと言われるが拒否する。高校時代から下降線を描く人生を恥じているからだ。

 

フェイスブックを見ているとボブが友達リクエストをしている。直後に電話がかかるがマギーだった。

マギーからカウンセリングの話を受けるがフェィスブックでボブに今日会おうと言われ会うことになる。

そしてボブからアダルト動画が送られてきて同僚に見られてしまう。

 

店に向かうカルヴィン。筋骨隆々になっていたボブと会う。

あまりの変貌に驚くカルヴィン。ボブは毎日6時間筋トレを20年間したらしい。

ウェイトレスにもモテモテだ。ボブはテンションが高く席を立つがチンピラに席を取られかけカルヴィンは絡まれる。そこに現れるボブ。

カルヴィンを侮辱したことを謝れと言うボブ。

数人に絡まれるボブだが相手は銃を持っている。だがボブは彼らを秒殺する

 

店を出た2人。ボブはバイクにカルヴィンを乗せ高校を訪れる。あの事件を胸の奥にしまったと言うボブだがあれから誰にも裸を見せていないらしい。

高校にはカルヴィンの記念碑が飾られているがカルヴィンは今と比べて浮かない顔だ。

こんなはずではなかったと嘆く。

ボブはカルヴィンにかつて得意だった宙返りをしてくれた頼む。でも案の定失敗して地面に激突してしまう。

 

ボブは別れ際に外国で働いていた際不正会計されてるかもしれないといいそのままカルヴィンの家でそれを見ることになる。

 

カルヴィンはその振込がおかしいことに気づくがボブは酒をこぼしパソコンを壊してしまう。

ボブは泊まることになる。

ピッチピチのパジャマで寝るボブ。寝返りでパジャマは破れている。

 

翌日爆睡しているボブ。寝室はメチャクチャだ。そこにボブを探す組織の者が現れ寝室に入るがボブはいない。カルヴィンはボブが殺人と反逆罪でCIAに追われていることを知る。

ボブは国家機密を敵国に売ろうとしているらしい。

ボブがCIAだったことを知り、勝手に緊急連絡先に登録されていた。

カルヴィンはボブの友人であることを強く否定する。

 

CIAはカルヴィンのオフィスについてきてボブから電話がかかってくる。

盗聴するCIA。オフィスの二階下にいることがわかりCIAは向かう。しかしボブは部屋の中にいた。

協力を求められるが強く否定するカルヴィン。

しかしボブはカルヴィンを人質に取り銃撃戦を演じて脱出しようとする。

CIAを次々倒すボブ。しかし首を絞められるボブをカルヴィンは成り行きで助ける。

カートに入れられて進むカルヴィン。

囲まれる2人だが、スプリンクラーを作動させフラッシュ手榴弾を炸裂させて窓から飛び降りて脱出する。

上から銃撃されるが車で逃走する。

 

先日、黒アナグマという敵に貴重な情報を奪われ、オークションに売られるのを阻止するためにカルヴィンの技術が必要だと語るボブ。

しかしカルヴィンは家に帰りたいという。

でももうグルと思われてると語るボブ。

 

ボブが追われているのは相棒のフィルが黒アナグマとの戦いで死んだことでCIAの女性ハリスに疑われているらしい。

 

そこにバイクで襲撃してくるCIA。彼は引退したヌンチャク使いだった。俺には相棒がいると語るボブだがカルヴィンはバイクを奪って逃走し、マギーに電話する。

カルヴィンは家に帰ってはいけないことを告げカウンセリング先に向かう。しかしそこに来るハリス。車にカルヴィンを乗せる。

 

さっき負傷させたCIAが隣で気まずいカルヴィンは謝る

ハリスはボブが妄想に取り憑かれ黒アナグマという敵を作り出し、フィルも生前上官に相談していたらしい。

さらにボブこそが黒アナグマだと語る。彼は暗号を手にしたあと裏切りフィルを殺したらしい。

 

ハリスはカルヴィンにボブを見つけたらボタンを押すように装置を渡し解放する。

 

カウンセリングに遅れながらも着くカルヴィン。でも先生はボブだった。

帰ろうとするカルヴィンだがマギーはちゃんと受けると主張して受けることになる。

ボブはマギーになりきるゲームをして自分をビンタしたカルヴィンをマギーに抗議する。 

 

帰ろうとするカルヴィンにマギーは怒って出て行く。ボブはこのままだとマギーが危ないから一件落着させると語るがカルヴィンはボタンを目の前で押そうとする。

 

カルヴィンはボブに暗号を持ってるか聞くが持ってないと言い、今夜中に片付くと言いカルヴィンも信じる。

 

カルヴィンはかつてのいじめっ子だったトレバーの元に協力してもらいに行く。

目も合わせないボブ。緊張して言葉も出ない。

トレバーは情報を渡す前にボブに昔のことを謝罪し始める。唖然とするボブ。

許しを請うトレバーに言葉も出ないと言ったボブだったがトレバーの嘘でまたバカにされる

キレかけてるボブ。挑発するトレバーにカルヴィンもけしかけるがボブは何もせずに去る。

去り際にドアにけつを押し付けるカルヴィン

 

カルヴィンはハリスから連絡を受けマギーを守るためにボブの居場所を教える。

謝罪するが落胆するボブ。

 

ボブはハリスに尋問される。ボブは自分に友達はいないと呟く。

拷問を始めるハリス。別部屋に移されるカルヴィン。ボブのうめき声が聞こえてくる。

カルヴィンはCIAを倒しボブを救出しようとする。ハリスを捕らえて脱出する2人。

 

友情を再確認した2人はCIAを倒しながら先に進み、車を盗んで逃走する。

2人は飛行機を盗むことにする。

店員の気をひくカルヴィン。ボブは飛行機をロープで引きずって奪う。

 

カルヴィンはハリスが黒アナグマではないかと疑う。

飛行機は墜落しかける。その時カルヴィンはいい夫、父親になりたかったと叫ぶがこれはボブのイタズラだった。

 

取引場所に着く2人。防弾チョッキが一つしかないため地下には1人で行くというボブだがカルヴィンはこれ死ぬパターンやんと抗議する

結局1人で地下駐車場に乗り込むボブ。

アナグマの男と組織が待っていた。

ハリスも現場に到着し、下に降りて行くのを目撃し、ボブに連絡するが留守電だった。

そのため下に行くカルヴィン。しかしボブはカルヴィンを撃つ。ドアの外に倒れるカルヴィン

その場に現れるフィル。フィルこそが黒アナグマだと語る。

フィルとボブが黒アナグマとお互いに主張し、2人ともファイルを取引相手に渡すがそこに現れるCIA。銃撃戦が始まる。

 

カルヴィンは意を決して2つのメモリを取り逃走するが車で追われる。それを助けるボブ。

ボブからも逃げるカルヴィン。外で助けを呼ぼうとするカルヴィンを挟むボブとフィル。

お互いに相手が悪者だと主張する。

 

戦う2人だがカルヴィンはボブの足を撃つ。

倒されるボブ。フィルにも銃を向けるが弾が切れてしまう。逆に銃を向けられる。

 

フィルは事あるごとにカルヴィンのすごい過去話をするボブが黒アナグマなんてありえないと語る。

フィルは簡単にボブを騙したことを語る。

カルヴィンは宙返りで態勢を変えようとするが撃沈。しかしボブが背後からフィルの喉を切る。仲直りした2人は同窓会に向かう。

 

ハリスは同窓会にてボブに謝罪する。

カルヴィンがハリスを犯人呼ばわりしてたことを暴露するボブ

マギーも現れ謝罪するカルヴィン。仲直りする2人。

 

ボブはやはり来なきゃ良かったといい帰ろうとするがその時ミスターアンドミスが発表され、ミスターにボブが呼ばれる。

じつは投票操作をしていたカルヴィン。

そこに現れて馬鹿にするトレバー。

ボブは彼を殴り倒す。

 

ボブはスピーチでかつて恥をかかされたことを語るが今夜は親友がいるからあのときとは違うと語る。

ボブはみんなの前で全裸になりトラウマを克服する。

 

ボブはかつて恋していたダーラに声をかけられる。斜視の彼女に素敵な目だといいキスを交わす。

みんなの前で踊るボブとカルヴィン。

 

後日マギーは妊娠している。

家の前に来ていたボブはカルヴィンを待っていた。カルヴィンはCIAとして働くことになりその初日だったのだ。

 

ボブはかつてカルヴィンに貸してもらっていたスタジャンを返す。

毎日着て寝ていたらしい

2人は仲良く出社する。

 

 

所感

 

まぁ面白かったですね!!

ドウェイン・ジョンソンってシリアスな演技だけじゃなくてこういうコミカルな役でもやると面白いんですよね!

この映画はとてもアホらしいんですけど王道でテンポも良く見てて笑えるシーンが多かったですね。

 

新たな名コンビ誕生って事で続編もできそうな雰囲気ですね!