グッドウィルの映画日記

愛する映画の感想を書いていきます

レイチェルさんにもっと出てほしい…ドクター・ストレンジ 感想

2016年の映画ドクター・ストレンジ』を見ました!

ドクター・ストレンジ (字幕版)
 

ベネディクト・カンバーバッチ主演、レイチェル・マクアダムス出演のマーベル映画ですね!

 

採点3.5/5.0

 

マーベルには珍しく魔術を使うんですけどアジアが出てきたりもしてて見やすかったですね!

コミカルなシーンも多いのでポップな内容です!!

 

あらすじ

天才的な脳外科医のドクター・ストレンジは傲慢な男だった。

超リッチな生活をしていた彼だがある日交通事故に遭い全てを失ってしまう。

彼は凄腕外科医として名を馳せた頃の手の機能を復活させるため手術を繰り返すが…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭 研究所のような施設に現れる者たちは中にいた番人を捕らえてリーダーのカエシリウスが彼を殺して中の本のページを破って帰ろうとするが、何者かにその儀式はやめておけと声をかけられる。

逃げるカエシリウス達だが黄色いフードを被った女は奇怪な妖術を用いて街を戦場にして次々と敵を倒すがマスターに逃げられてしまう。

 

ドクター・ストレンジベラベラ喋りながら手術をしている。

そこに違う医師から脳死と判断された患者を見ることになる。助手の女性医師パーマーと共に手術にあたり開頭手術の末手術を成功させる。

 

ストレンジはパーマーをデートに誘うが彼女は彼に自分のことばかりと告げて断れてしまう。

 

ストレンジは猛スピードで車を走らせよそ見運転していた彼は事故を起こしてしまう。

この事故で重症を負った彼は一命を取り留めるが目覚めたところにいたパーマーは彼に手に11個ものピンを入れたことを告げる。

 

ストレンジは手を治すために実験的な手術を多額の費用を出して行うがうまくいかない。

日常生活にも支障が出るストレンジはさらなる手術を断られてしまう。

 

もうすでに金は底をつきパーマーにも次の人生があると言われるが荒れるストレンジは愛想をつかされパーマーに去られてしまう。

 

ある日ストレンジの元に奇跡的に下半身不随から回復した患者の医療記録が送られてくる。

訪ねるとかつてストレンジが手術を名声に傷が付くからと断った患者だった。

何とか食い下がるストレンジに彼はカマー・タージという場所で治したと教える。

 

ネパールに赴いたストレンジ。カマー・タージを探す彼をつける謎のフードの男モルドがいた。物乞いに襲われるストレンジを助けるモルド。

モルドに連れられカマー・タージへと向かうストレンジだが、そこは普通の民間だった。

モルドは入る前に常識は全て捨てろと告げて中に入る。

 

リーダーのエンシェント・ワンと話すストレンジ。

彼女は魂で治す方法を知っていると告げる

信じないストレンジ。ワンは理解できないことを信じない彼を批判するが、ストレンジも世界は物質でできているといい詰め寄るが幽体離脱させられてしまう。

 

ストレンジはワンツーに触れられると宇宙まで飛ばされてしまう。ありえないような世界に飛ばされ続け戻されるストレンジ。

弟子にしてくださいと言うが断られ締め出されてしまう。

 

ワンは昔弟子だったカエシリウスがストレンジに似ており、暗黒面に寝返ったため、拒否したと語るがモルドはカエシリウスがページを読み解くと世界が危ないと告げストレンジが必要だとする。

 

中に入れられるストレンジ。ストレンジはワンの修行を受け、エネルギーの使い方を教わる。

 

ストレンジは図書館で修行僧のウォンと話す。

ウォンに連れられて車庫に入れられて術についての本を借りるが、ワンの蔵書を見つけカエシリウス率いるゼロッツがページを破っていったことを知る。ウォンは蔵書の番人だった。

 

修行を積むストレンジ。ワンがマスター・ハミヤを連れてきて片手がない彼がエネルギーを使いこなしていることを見せる。

ワンはストレンジを連れてエベレストに行く。

猛吹雪の中30分でコツを掴めなければ死ぬと告げて去るワン。

ストレンジを待つワンの前に何とか力を使って戻ってくるストレンジ。

 

ストレンジは生活にも慣れウォンに気づかれないように本を勝手に借りる。

ワンはストレンジをミラー世界に連れて行きそこで修行をさせる。

 

ストレンジはカエシリウスが愛するものを失ってここに来てワンの指導に従わず独学で力を使いこなして数人の部下を連れて離反したことを知る。

 

ストレンジは夜腕時計に刻まれているなのパーマーにメールを送っている。

その後図書館で蔵書を読んで儀式を始める。

得た力でものを修復するストレンジ。奪われたページを復元し、そのページが暗黒次元について書かれていることを知ら試そうとするが止められてしまう。

時空を断ち切るとタイムループを起こすことを告げられる。

 

ストレンジは暗黒の支配者ドラマムゥからワン達は世界を守っていることを知る。

カマー・タージはロンドンと香港とニューヨークにつながっていた。

手を治しにきただけであって戦うつもりはないと語るストレンジだが、そこにカエシリウスが襲撃してきて吹き飛ばされてしまう。

 

扉からニューヨークに出たストレンジまた中に戻ると、誰もいない。

 

カエシリウスと対決する番人だが破れてしまう。そこに現れるストレンジ。

カエシリウス達と対決するが逃げ惑い暗黒面を操るカエシリウスに翻弄される。

しかし、機転をきかせて下っ端を倒し、カエシリウスと対決する。

追い詰められるストレンジだが不思議なマントが身を守り、斧を取ろうとするがマントに止められる。

拘束具を投げつけてカエシリウスを捕らえるストレンジ。カエシリウスは暗黒面を使うことで永遠に生きられると語るがストレンジは興味がないと語る。

カエシリウスはドラマムゥに世界を委ねると告げ、なぜワンが長寿なのか尋ね、ドラマムゥが永遠の命を与えてくれると語る。

 

しかしその時背後からカエシリウスの部下に刀を刺され突き飛ばされてしまう。

とどめを刺されそうになるがマントに守られ病院に駆け込んでパーマーを呼んで彼女だけでオペをするように頼む。

ストレンジの服装にドン引きするパーマー。

手術中に気を失うが幽体離脱してパーマーに話しかけビビられてしまう。

パーマーはストレンジのアドバイスを受けながら手術をするが追っ手が来て幽体の世界で戦うストレンジと下っ端。病院の様々なところで戦い、蹴りで心臓が止まるがパーマーのAEDで復活する。

AEDの電圧を上げて下っ端を撃破して蘇生するストレンジ。

 

ストレンジはこれまでのことを語るがカルトと言われてしまう。

パーマーの目の前でカマー・タージに戻るストレンジ。

 

カエシリウスは拘束を解いていた。

ワンと兄弟弟子のモルドが現れマントに認められたストレンジにロンドンが破れられたことを語り、ワンはストレンジをマスターと呼びここを任せると告げる。

 

ストレンジはワンの長寿の源が暗黒面の力であると指摘するがワンは体制を整えるように告げて去ってしまう。

 

そこに現れるゼロッツ。2人はカエシリウス達から逃げ現実世界に影響がないミラーワールドで戦う。

 

ビルを湾曲させて2人を追い詰めるカエシリウス。そこに現れるワン。

モルドに暗黒面から力を得ていたことを悟られる。

部下ごと刀で突き刺され病院に運ばれる。

ストレンジは病院で震える手でオペを開始するがワンは幽体離脱し、ストレンジに闇の未来を食い止めても次から次へと敵が来ることを語る。ストレンジに善の心があることを告げ、息をひきとる。

 

ストレンジはカエシリウスを止める覚悟をしてパーマーに一緒にいてほしいと告げパーマーは頰にキスして、手術に向かう。

 

ストレンジはマントをつけてカマー・タージに戻る。

ウォンは香港でカエシリウスを迎え撃つ。

 

モルドはワンが死んだと語るストレンジに偽善者だったと語る。ストレンジはモルドに協力を求め2人は香港に向かうが、すでに香港は暗黒面に飲まれていた。

ストレンジは回復の呪文を使い時を戻そうとする。

カエシリウスの邪魔にあうがモルドが下っ端を倒し時間を次々戻していく。

カエシリウスを建物に封じ込めるモルド。

ウォンも復活する。

 

カエシリウスも復活し時が止まる。ストレンジは暗黒世界に飛び込んでいく。

そこでドルマムゥと対面するストレンジ。

何度もドラマムゥに殺されるストレンジだが何度もループする時間を利用し自身は何度も殺されるもドラマムゥをループに封じ込めることに成功する。

 

ストレンジはドルマムゥにゼロッツをつまみ出しを2度と地球に来ないことを条件にループを解く。

永遠の命を与えられて暗黒世界に連れ去られるゼロッツ。

 

街を戻すストレンジにモルドは自然の摂理を破った報いが来ると告げ、別の道を行くとつげて去っていく…

 

エンディング後

モルドが下半身不随から復活したパルグボーンの元を訪れている。

彼は数ヶ月を経て魔術とはパルグボーンのように自然の摂理を犯すものだと悟ったと語る。

モルドはパルグボーンの力を奪い、なぜこんなことをするのか聞く彼に『世界の間違いに気づいたからだ。魔術師が多すぎる。』と告げる。

 

所感

 

うん、面白かったですね!!

ただ欲を言うとレイチェル・マクアダムスにもっと出てほしい…

この時38歳とはとても思えない美貌ですよね本当に…

 

内容としてはマーベルにもついに魔術が出てきたかって感じなんですけどストレンジもいつかアベンジャーズに入るのかな?笑

若干キャラがスタークとかぶるけど

 

エンディング後のモルドなんですけどものすごい不敵な雰囲気を醸し出してましたね!

真面目な人って極端から極端に走るので受け入れられなかったんだろうな…

 

全体としてよく出来た作品でした!