グッドウィルの映画日記

愛する映画の感想を書いていきます

なかなか良くできたラブコメディ『オーバーボード』感想

2018年の映画『オーバーボード』を見ました!

アンナ・ファリス主演のラブコメ映画ですね!!

 

採点4.0/5.0

 

ベタな展開ですが、テンポが良くアンナ・ファリスがとにかくキュートです!!

登場人物の心情が変わっていく様がつかめて面白かったです!!

 

あらすじ

ケイトは子供3人を育てるシングルマザー。

ある日金持ちの男レオナルドの船の清掃員として雇われるケイトだがレオナルドは傲慢で賃金を払わないままクビになってしまう。

その後レオナルドがヨットから転落して記憶喪失となり、それを聞いたケイトは賃金を取り戻すべく成り行きでレオナルドに彼がケイトの夫だったと信じ込ませる…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭レオナルドは美女達とボートで遊んでいる。

ケイトは勤務先、子供達を迎えに行きながら配達に向かう。

 

レオナルドが馬鹿騒ぎをしている頃彼の父は病気でレオナルドに企業を譲ると言うがレオナルドの妹達は自分たちがやると主張し合う。

 

ケイトの祖母はレ・ミゼラブルの舞台の役を得て今夜発つと告げ、ケイトは働きながら子供達の世話をすることになる。

 

翌日ボートの清掃の仕事をしているケイト。

金持ちのボートに興奮して友人とテレビ電話をしていると裸で寝ていたレオナルドに話しかけれる。

 

ケイトを口説こうとするレオナルドはケイトに整形するように言い、他の女と風呂に入りに行くレオナルドにドン引きするケイト。

 

レオナルドの妹のマグダがレオナルドの父が余命わずかなのでメキシコに行くというが取り合わないレオナルドは社長の座も譲らない。

 

レオナルドはケイトにパパイヤとマンゴーを持って来いといい、ケイトは断るがクビにされてしまい、給料も払われない

ケイトはレオナルドに自己チューだと告げディスりまくって父の財産がなければ空っぽだと告げ、給料をもらうまで降りないと告げる。

レオナルドはケイトを海に突き落とす。

 

掃除会社に機材を弁償する羽目になり金が必要なケイト。

その頃レオナルドは酔っ払いながら船でコンドームを探していると船が揺れ、船から海に落ちてしまう

 

浜辺に打ち上げられたレオナルドは街を歩くが警察を見て逃げ、病院に連れて行かれる。

彼は記憶喪失になっていた。

マグダはレオナルドであることを確認し自分が後を継ぐために医者に兄ではないと告げる。

 

レオナルドはケイトの街でニュースになっており、ケイトは金を取り戻そうとする。

そしてケイトは成り行きで勤務先の店主に書類を偽造してもらい、レオナルドの妻として迎えに行く。

 

傲慢な性格は治っていないレオナルド。ケイトを妻と信じないレオナルドだが、お尻のタトゥーを知ってることで一緒に帰ることになる。

 

自分が貧乏人であることに驚愕するレオナルド。娘達もわざとらしく出迎える。

自分が3つも仕事を掛け持ちしてたと言われて困惑するレオナルドはトイレの窓から逃げ出すが、呼び止められ監視されていることに気づく。

 

ケイトは1ヶ月後に看護師の試験を控えておりレオナルドに家事を押し付ける。

マグダは葬式の準備をしようとしている。

ケイトはレオナルドに子守はさせたくないようだ。レオナルドはケイトを誘うがレオナルドが禁欲生活をしていると告げて納屋で寝かせる。

 

翌朝レオナルドは建設現場で働かされるがこき使われる。

マグダは偽のレオナルドの遺灰を父に見せ、後継者に指名される。

 

クタクタで帰宅するレオナルド。しかし、ケイトは家事のやることリストを渡してこき使う。

ケイトは夕食はパスタばかりで飽きたから次の日ちがうものを作るように言い、犬の世話も押し付ける。

 

レオナルドは今の生活がどうしてもしっくりこない。家に帰ると勉強しているケイトに偽の思い出のお土産を渡すレオナルド。レオナルドはケイトに自分を変えると宣言する。しかし寝ようとすると拒絶される。

 

マグダの下の妹であるソフィアはレオナルドの脂肪証明書を求めている。

レオナルドは給料をもらい娘ともいい関係を築き始める。ケイトはレオナルドが子守をしていることに気づき急いで家に帰るが彼らは楽しそうに過ごしていた。

子守を放棄し、反抗的な長女のエミリーにキツくあたるケイトを諌めるレオナルド。

アルコール中毒者のセミナーにも参加している。完璧に家事をこなしているレオナルド。

 

ソフィアはレオナルドが死んでいないことを警察署に確かめて知る。

一方傲慢な性格を改めるレオナルド。子守も買って出てケイトも徐々に心を開いていく。

ケイトは家のソファで寝ることを許可する。

 

プールにエミリーを送るが男と話しているのを見て連れ出そうとするが泣かれてしまう。

エミリーのプールを許可して子守も順調にこなし、ケイトも入れてサイクリングに出かけるレオナルド。

 

その頃回復したレオナルドの父。

試験が終わり、ケイトはレオナルドに真実を告げようとするが家族に溶け込む彼に打ち明けにくい。

その夜ケイトはレオナルドに家族の前で話そうとするが打ち明けられず、結婚記念日であるとごまかしパーティに出かける。

その夜海を眺めながらいい雰囲気になり、キスをし、共に寝る。

 

翌日建設現場のプール造りに成功したレオナルドは仲間達にも認められる。

しかしレオナルドは買い出しに行こうとしてケイトの車の中に自分の所持品であったコンドームを見つけて浮気を疑う。

ケイトはこれを機に夫婦ではないことを告げる。信じないレオナルドに娘達に父ではないと言うように言うが、娘達は真実を言わない。

友人が仲裁に入り、レオナルドの疑いはやみ、ケイトは友人にお似合いだと告げられ、看護師にも合格する。

 

海ではしゃいでいたケイト一家をレオナルドのボートの船員が見つける。

父にもレオナルドの生存が伝わる。

 

その頃ケイトにプロポーズしてるレオナルド。受け入れるケイト。

 

ケイト達が帰ってくると父が迎えにきている。

彼らを覚えているレオナルド。困惑するケイト。レオナルドは全てを思い出し、ケイトが妻ではなく、自分を憎んでると思い出し、利用されていたことを悟る。

 

ケイトはレオナルドに謝罪と感謝の意を伝えレオナルドは去っていく。レオナルドを引き止める娘達だが車で去ってしまう。

 

ケイトはエミリーにレオナルドを愛しているくせに止めなかったことを諌められる。

レオナルドは父に会社の後継者に指名される。

祖母の劇を見ている途中ケイトは娘達とレオナルドを連れ戻すことを決意する。

 

レオナルドは傲慢な性格を改めており、自分の居場所がわからなくなっている。

父にケイトとよりを戻すことを告げるが、拒絶されマグダもレオナルドを援護するがソフィアはマグダがレオナルドを病院で見捨てたことを記録から見抜く。

 

船で迎えにきたケイトだが、父は船の方向を変えてしまう。

レオナルドはケイトに愛してると叫び、ケイトも愛してると返すとレオナルドは海に飛び込み泳いでケイトの元へ向かう。

ケイトも飛び込み、レオナルドは父から絶縁され、自分が死んでも一銭もやらんと言われ止まって父と交渉する。父は後継者にソフィアを指名し、レオナルドに愛か金か選べと言うが、レオナルドはケイトを選ぶ。

ケイトは救命ボートから飛び降りてレオナルドとキスをする。

 

その後、家事をこなしているレオナルド。

家に使用人のコリンが来てソフィアがレオナルドの船を返したことを告げ、船を得て億万長者になる一家。

 

後日、船上で結婚式を挙げる2人。

エンドロールでは登場人物達がスピーチをしている。

 

所感

 

めちゃくちゃ面白かったです!!

 

ストーリー的にはこうなるんだろうなっていう想定通りに動いていくんですけど、それでも見ていてハッピーになる映画ですね。

 

個人的なハイライトはレオナルドが全てを悟って一度家族を去るシーン。

懐いていた娘達もレオナルドを愛していたケイトも涙を流しレオナルドもやりきれない表情が出ており僕も涙が出てしまいました。

 

後、最後に海に飛び込んだ後レオナルドが父の遺産を1円ももらえないところに反応するところは面白かったですね笑

 

とにかくこの映画はアンナ・ファリスがすごくキュート。

アラフォーとは思えない美貌で、ストーリーも面白くいい映画でした!!