グッドウィルの映画日記

愛する映画の感想を書いていきます

疲れた時に見てほしい笑 ブルース・ブラザーズ 感想

1981年の映画ブルース・ブラザーズ』を見ました!!

ブルース・ブラザース [DVD]

ブルース・ブラザース [DVD]

 

 

もうすっごく疲れた時に見たらめちゃ吹き飛びます笑笑

アメリカではすごい人気だそうですね!!

 

採点3.9/5.0

 

あらすじ

 

ジェイクの出所を弟のエルウッドが迎えに来る。

彼らは昔世話になった孤児院の経営危機を助けるためブルースバンドを結成。

メンバー集めに出かけるが、彼らはいく先々で騒動を起こして…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭、刑務所にジェイクを迎えに来る弟のエルウッド。ジェイクはスーツにサングラスをかけて出所する。迎えに来た車はパトカーだ。警察のオークションで買ったらしい。

 

エルウッドは車が不満だというジェイクに上がっていく橋に車を走らせて向こう岸まで飛んで納得させる。

2人は昔世話になった孤児院に着く。中にはシスターが待っていた。子供用机に座り座りながらシスターの前に来る2人。

孤児院の存続の危機を知る。盗んだ金などいらんと言われたジェイクはクソにまみれろと言うとシスターに木で何回も殴られる。

2人は逃げるがジェイクは椅子ごと階段から落ちてしまう。シスターは2人に失望し、2度と来るなと告げる。

 

2人はそこで昔の知り合いのカーティスと出会い、詳しく事情を聞く。心を改めるためクリオファス神父に合うように言われ教会に向かう。

 

教会でクリオファス神父の説教を聞く2人。クリオファス神父は大人気で盛り上がった教会でライブが始まる。ドン引きしている2人。 

しかしジェイクは見ているうちに触発され協会に差し込んだ光に魅せられバンドだと閃く。

2人は踊り出して大盛り上がりの教会から去り、車で昔の仲間を集めることになる。

 

信号無視でパトカーに追われ、車を止める2人だが免許停止中であることが判明する。降りるふりして逃げる2人。

街中でカーチェイスしながら店の中を突っ走るエルウッド。パトカーも追ってくる。

なんとか逃げ切るが、警察は何としても捕まえると宣言する。

 

路地裏を歩く2人だが、赤い車の女が2人を見つけ、ロケットランチャーを打ち込んでくる。

かわす2人は壊れたホテルにそのまま泊まることになる。

 

翌朝、警察がホテルに来て、赤い車の女も監視している。警察が部屋に踏み込むと女がホテルを爆破する。

なぜか無傷な2人はふつうにその場を去るが警察も追ってくる。

 

2人はその日の夜マーフの店に赴き昔の知り合い達と話す。ジェイクは給油所を襲ってぶち込まれたらしい。

ラッパの名手であるかつての仲間を訪ねて経営している高級フランス料理店に勝手に入る。

行儀の悪い彼らにざわつく店内。

バンドに戻らないと言う彼に店内を荒らしまくる2人に観念して引き入れ、食い逃げする2人。

 

翌朝ネオナチの集会が行われている橋車で突っ込む2人。ネオナチを川に飛び込ませて命を狙われることになる。

 

飲食店を経営する仲間のマットと再会する2人。バンドに誘うが妻が反対する。喧嘩中に歌い出す妻。めっちゃいい声している。

マットはそれでもバンドに加入する。

 

その頃女は火炎放射器の扱い方を読んでいる。

翌日楽器店に入る一同。店主は盗もうとした少年に銃を放つ。

店主とセッションする一同。ツケで楽器を買うことになる。

 

夜電話ボックスに入る2人。そこに女が火炎放射器を放ってくる。またもなぜか生きてる2人。

ネオナチは彼らの尻尾を掴み待ち伏せをする。

 

夜一同は2人に仕事だと嘘をつかれて店に入る。店に来るはずだったボーイズバンドのふりをして準備をする。

リクエストに知らない曲ばかりで、ブルースを歌い出す彼らにブーイングが鳴る。

店主のボブも電源を消してしまい、カントリー曲を歌い始めると歓声が鳴る。

しかし、出演料よりビールを飲んでしまいずらかる一同。バンドの士気は下がっている。

 

追ってくる店主のボブとボーイズバンド。後ろから銃撃される。しかし、待ち伏せしていた警察と激突して2人は逃げていく。

 

その頃孤児院は立ち退かされている。カーティスは子供達にその夜のブルースブラザーズのライブを宣伝させる。

2人も車で宣伝しているがボブとボーイズバンドもポスターを見つける。

カーティスはバンドのみんなに2人が孤児院のためにバンドをしていることを告げる。

 

会場に現れない2人。ガソリンが切れてガソリンスタンドで給油車を待っていた。

会場ではカーティスが間をつないでいる。エルウッドはボブとボーイズバンドの車のアクセルに接着剤をかけて会場に入る。

警察も中に入るが曲を聴いてから逮捕することになる。女子トイレの窓から入る2人。

2人の登場にしらける会場

警察をよいしょして歌い出すと大盛り上がりになる。

 

ずらかろうとする2人だが裏でレコード契約の前金として1万ドルもらえる。

2人はステージの裏から地下に消え警察達をまく。しかし地下で女が銃撃してくる。

女はジェイクの元カノだった。ジェイクは結婚式をドタキャンしたのだった。

ジェイクは思い切り命乞いをして2人は熱いキスを交わすがジェイクはあっさり女を捨ててその場を去る。

女と警察に銃撃されるがなんとか逃げる。ボブ達はブレーキが効かず池に落ちてしまう。

 

警察は総出で2人を追跡しておりネオナチも追ってくる。しかし激しいカーチェイスの末何台ものパトカーを潰す。

ネオナチ軍団も車で追ってくるが、道路が建設中で追い詰められてしまうが脱出しネオナチのリーダーは落下する。

 

2人はなんとか税務署までたどり着くが大量の警察が追ってきて、特殊部隊も出動する。

なんとか群の担当の部屋までたどり着くが五分休憩と書いてある。

何とか金を収めて逮捕される2人。

 

その後刑務所でバンドのメンバーはライブしているところで幕が降りる。

 

所感

 

これほどむちゃくちゃな映画も珍しい笑笑

 

ストーリーはあってないようなものでとにかくめちゃくちゃなんですけど、レイ・チャールズなど一流のミュージシャンも出演しておりかけている金は相当である笑笑

 

ちゃんとした映画としてみるとちょっと苦しいかもしれないけど仕事で疲れてしまった時などにみるとどうでもよくなるくらい面白いです!

 

とても面白い映画なので一度は見て欲しいですね!!