グッドウィルの映画日記

愛する映画の感想を書いていきます

いやー泣きましたわ マイ・ベストフレンド 感想

2016年の映画『マイ・ベスト・フレンド』を見ました!!

マイ・ベスト・フレンド [DVD]

マイ・ベスト・フレンド [DVD]

 

原作はラジオ劇だそうですね!!

ドリュー・バリモア主演作品です!

 

採点3.6/4.0

 

なかなか泣けるお話です。どんなことがあっても根っこから崩れない信頼関係っていいですね!!

 

あらすじ

 

小さい頃からの親友のジェスとミリー。

ある日ミリーは乳がんであることが発覚するが、ジェスは不妊治療の末妊娠したばかりであり、打ち明けれなかった。

このことがなんでも打ち明けてきた2人の間に溝を生じさせる…

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭ジェスは苦しみながら出産しており、ミリーの名を叫んでいる。

ミリーはジェスが幼い頃引っ越した時からの親友であり常に一緒だった。

 

ミリーはバンドボーイのキットと結婚して子供を産み、ジェスは不妊と戦っていた。

 

ミリーは乳がんの診断を受け、ショックを受け、母のミランダにストレスを感じている。

船で夫のジェイゴと暮らすジェスは不妊を気にしている。

 

ミリーはジェスに乳がんであることを夫より先に打ち明ける。

キットにも打ち明けるが不安でたまらないミリー。

ミリーは子供達に化学療法を説明し通院することになり、ジェスは付き添う。

 

髪が抜け始めるミリー。カツラで遊び始める

ブランドのウィッグを選んで残りの髪を丸刈りにする。

体力のなくなっているミリーは子供をおんぶしようとして倒れてしまい、ジェスに家事の手伝いを求める。

 

化学療法を受けるミリーを励ますジェス。ミランダも見舞いに来るが、どこかずれておりうまくいかない。

 

ミリーは化学療法を終えるがジェスの妊活が始まる。

ミリーは乳房の切除を勧められる。

その頃ジェスは妊娠が発覚し喜んでいた。

ミリーは酒を飲んでおりジェスは諌めるが、胸がなくなることを告げられる。

 

ミリーはキットに付き添われて胸の切除手術を受ける。ジェスはミリーの子供の世話を見ており息子にミリーが死ぬのか聞かれて動揺する。

 

ミリーはジェスの目の前で亡くなった胸を見せ、新しいガーゼを貼る。

ミリーは人知れず筋トレで胸の回復を図る。

 

ジェスはジェイゴに子供の報告をミリー達に気を使ってしないように求める。

その夜ミリーはキットと関係を持とうとするがうまくいかない。

 

ミリーはバーの男と2人で酒を飲み、浮気する。

ジェスのジェイゴは金を稼ぐためにジェスの元を離れて勤務地に行くことになる。

 

ミリーのキットはミリーの誕生パーティを開くが、情緒不安定で荒らしてしまう。

店の外で喧嘩するミリーとキット。キットは別れを考えている。

 

タクシーに乗って帰るミリーとジェス。ミリーの買い物中にジェスは運転手からガン患者の妻を持っており、悔いのないようにミリーと付き合うように言われる。

ミリーの誕生祝いにタクシーで遠くまで出かける2人。嵐が丘のホテルに泊まることになる。

ジェスは妊娠を打ち明けようとするが、ミリーは寝てしまう。

実はホテルにはミリーの浮気相手の男が働いており、関係を持つ。

 

翌朝、ジェスはバーの男が働いていることに気づき、ミリーの浮気を知り、去っていく。

ミリーは追いかけ、ジェスはミリーを軽蔑するが、キットが自分に見向きもしないことを語り、喧嘩してしまう。

妊娠を打ち明けるジェスだが、ミリーは自分が死ぬとわかってて言わなかったのかと言い放ちジェスはもう巻き込まないでほしいと言って去っていく。

 

お互いに家に帰るが、ジェスは帰る前に転んでしまい、軽症だが赤ちゃんに影響が出てしまう。

ミリーは家族との仲がうまくいかない。

ジェイゴは新年早々出稼ぎで国を出る。

 

キット達もジェスとミリーが絶交してしまったことを知る。

ミリーはミランダを無視しており、ミランダはジェスに相談する。ミランダはジェスにミリーを助けて欲しいと頼む。

 

ミリーはガンの転移による脳腫瘍を知らされ、余命宣告されてしまう。

杖なしでは歩けないミリーはジェスに会いにいく。謝罪するミリーはジェスにハグしほとんど盲目であることを明かす。

 

ミリーはキットにこれまでのことを謝罪し、キットは愛し方を戸惑ったことを明かす。

関係を持つ2人。

 

ミリーは子供達に自分がいなくなることを語り、ホスピスに入る。

見舞いに来たジェスに派手なハイヒールをプレゼントする。

 

自宅のベッドで破水するジェス。ミリーに連絡して向かおうとするミリーだがキット達に止められる。しかしミランダがナースのフリをして車椅子で連れ出す。

 

病院で頑張るジェスはミリーの名を叫んでいる。ミリーが到着して手を握り、苦しむジェスを励ます。ジェイゴもテレビ電話に映り子供を産むジェス。

 

ミリーは死の瀬戸際に立ち、これまでの人生を走馬灯で振り返っている。

霞む視界の中ジェスに手を伸ばし、ジェスはミリーに大好きだと告げ、2人は涙を流す。

 

眠っていたジェスが目を開けるとミリーは天国に旅立っていた。キットも入ってきて、ジェスは外に出て大泣きし、キットも泣きながらミリーの亡骸に愛してると告げる。

 

その後ミリーの子供達の世話を見ている。ジェスは2人目の子を妊娠しており、ミランダは3回目の結婚をして幸せそうな様子が映り幕が降りる。

 

所感

 

あー、感動した。

 

ミリーの行動はガン患者だからってどうなの?って思うところもあるんですけど、最後愛するものを思い出してくれて良かったです。

 

なんでも一緒にしてきた2人が死の淵に立たされて友情に亀裂が入ってしまう…

だけど根っこの部分のつながりは消えないって素敵ですよね。

 

ミリーの最期と、子供達に自分の死を告げた時は涙が出てしまいました。

 

キットもどんなに喧嘩してても愛する妻を亡くして本当に寂しそうでしたね…

いやー、泣けましたな泣