グッドウィルの映画日記

愛する映画の感想を書いていきます

王道はやっぱりいいな…最高の人生のつくり方感想

2014年の映画『最高の人生のつくり方』を見ました!!

最高の人生のつくり方 [DVD]
 

マイケル・ダグラス主演、ダイアン・キートン出演のドラマ映画ですね!!

 

採点4.0/5.0

 

王道中の王道なんですけど、90分とコンパクトにまとまっており見やすく飽きがこない展開です!

 

あらすじ

 

不動産業を営む気難しい男のオーレンは疎遠な息子から存在を知らなかった孫娘を預かってくれと頼まれる。

少女の面倒をうまく見れない彼は隣人のリアに助けを求め、成り行きで3人での生活が始まる。

そしてオーレンは徐々に2人に心を開き始めて…

 

以下ネタバレあり



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭オープンカーで走るオーレン。亡くなった妻の誕生日に墓参りに愚痴りながら1人で来ている。

 

オーレンは高級住宅の不動産業をしているが、頑固で客の言うことに耳を貸さない。人種差別的な言動もしており、疎まれているようだ。

 

リアはとあるレストランで歌っているが、途中で泣き出してしまう。

リアはオーレンの隣人で関係はあまり良くない。リアは人に囲まれており、オーレンと真逆だ。

 

夜身勝手だと言われたオーレンはリアに妻はガンで死んだが、自分が看病してあれほど泣いたことはないと告げて思いやりならあると言う。

 

翌日オーレンは住宅を売り込んでいるがそこに疎遠になっていた息子のルークが来て、破談になってしまう。

その家はかつてのオーレン一家の家だった。

ルークはドラッグ中毒で刑務所に入るため娘のサラを預かって欲しいとオーレンに頼む。しかし、オーレンはルークの子育てを失敗したため断る。

 

その夜オーレンは店でリアの歌声を聴いている。リアは夫を動脈瘤で亡くしていた。

歌いながらまたも泣いてしまうリア。

帰宅後、隣の部屋で泣いているリアはオーレンと話し、妻のことを語る。リアも夫のことを語り2人は話す。

 

翌日ルークはサラを連れてくる。リアはサラと仲良くしようとし、オーレンがかつてペイント弾で追い払った犬も飼うことになる。

サラはリアの家に入る。オーレンは仕事に行き、サラをリアに任せることになる。

 

オーレンの同僚はルークが娘のために無実の罪で服役することを告げ、何も知らないオーレンを非難する。

 

オーレンはサラの母親を探し出そうとするがリアに怒られてしまう。サラはリアに懐いており一緒に寝ている。リアはペイントも飼っており、サラを外に連れ出す。

 

オーレンはルークのFacebookを見ており、ルークの友人のジェイソンにサラの母親の居場所を聞く。

 

サラは近所の子供とも打ち解けているが、オーレンは近所の警官にサラの母親の手がかりを求める。

オーレンはリアの代理人になると告げて給料を倍にすると語る。

 

オーレンはサラを家に入れるがなかなか打ち解けれない。しかし、サラは徐々に話をしてくれてリアが迎えにくる。

 

翌日オーレンは仕事中に警官からサラの母親の住所を教えてもらう。オーレンはサラに母親の元に行くように言うがリアは会ったこともないのにと反論し、サラも行きたくないと語る。

リアはオーレンを止めようとするが、喧嘩になり妻の死がきっかけで愛情が無くなっていると言われてしまう。

 

リアと共に母親の元に赴くサラとオーレン。しかし、初めて会う母親に戸惑うサラ。彼女はヤク中で様子がおかしく預けるのはやめる。

3人はその後遊園地で遊ぶ。

 

リアはかつて子供を流産していたことをオーレンに語る。

オーレンはルークに手を焼かされたことを語るが、リアはルークがサラに愛情を注いでいることを指摘する。

 

オーレンはその夜リアの歌について語り合い、リアの人生の話を聞く。

良い雰囲気になりキスをするが、オーレンの言葉でリアは怒ってしまう。

オーレンは強引に迫り、関係を持つことになる。

しかし、その後また喧嘩になってしまう。

 

リアはオーレンがすぐにサラが心配で帰ったことを非難する。

ルークはオーレンが雇った弁護士と面会していてオーレンの行動に驚いている。

 

オーレンはリアに仕事のオーディションの話を持ってきて、リアは準備をすることになる。

うまくいったリアはオーレンと仲直りする。

 

オーレンはサラのために部屋の色を塗り替えサラと心を通わす。

オーレンはペイントも車に乗せて帰ると近所の奥さんが破水しており、出産を手伝うことになる。リアと協力して出産に成功する。

めっちゃ感謝されるオーレン。その頃家も売れる。

 

引越しの準備をするオーレンにリアは悲しそうだ。ルークの出所も決まり、引越し先も決まる。

オーレンはルークに今のアパートを譲り、リアは寂しそうな顔をする。

 

オーレンはルークを迎えに行き、ルークはなぜここまでしてくれるのか尋ねるとオーレンは息子だからだと告げる。

オーレンは妻の墓石に別れを告げ去る。

 

オーレンはリアの曲を聴きにきており2人でレストランで食事をする。

オーレンはリアに気に入られようとは思わないが、一緒にいたいと告げ、2人はキスをする。

2人はリアの家で暮らすことになる。

 

後日サラが飼っていたイモムシが蝶に孵る様子を近所で見ている幸せそうな様子で幕が降りる。

 

所感

 

シンプルで良いですね!!

 

いやー、映画ってやっぱりハッピーエンドがいいですよね。

特にヒューマンドラマに関しては。

 

この映画も偏屈な中年男性が孫娘の存在がきっかけで同じように心を閉ざしていた女性と心を通わせる王道のストーリーなんですけど、それが良いんですよねー。

 

まぁ後マイケル・ダグラスが若い!見た目が若くてこんなナイスミドルなかなかいないですよね笑笑

 

90分と短くテンポもいいのでお時間のあるときにさっくり見て欲しい一本です!!