グッドウィルの映画日記

愛する映画の感想を書いていきます

キャスト最強説…ラストベガス感想、ネタバレ

2014年の映画ラストベガス』を見ました!!

ラストベガス [DVD]

ラストベガス [DVD]

 

ロバート・デニーロマイケル・ダグラスモーガン・フリーマンケヴィン・クライン出演という超豪華キャストで送るコメディ映画ですね!!

 

採点4.1/5.0

 

このキャストのためものすごくいい完成度です!!

 

あらすじ

 

60年来の友人達のビリー、パディ、アーチー、サム達がビリーのの年下の相手との結婚式に参加するためラスベガスに一堂に会することとなる。

独身最後のパーティーで盛り上がる中ビリーと昔から色々あるパディだけは浮かない表情をしていた…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭仲良し4人組たちの少年時代の映像が流れてバイトしているお店で年上相手に喧嘩を売って仲良く逃げ去る。

 

その58年後サムはプールでうんざりしながらエキササイズしている。

アーチーは孫を抱いて歌いながら息子に発作の介護されている。息子夫婦と暮らす彼は寂しさに苛まれている。

パディは家で寝ていると隣のエリザベスにパイをもらって妻に先立たれた彼を気遣うエリザベスを無下にする。

ビリーは金持ちで若いフィアンセと豪邸で暮らしている。彼は鏡の前で葬式のスピーチの練習をして本番でもカンペを見ながらスピーチで受けを取る。

さらにその場でプロポーズして見事に2人は結ばれる。

 

ビリーは4人組時代にかっぱらった酒を大切に持っていて4人組にラスベガスで行う結婚式に来るように声をかける。2人は来ることになるがビリーはパディと仲が悪く2人が呼ぶことになる。

 

サムは妻にバイアグラとコンドームを渡されて遊んで元に戻って欲しいと告げて送り出される。

アーチーは仮病をして息子の外出後にこっそりと抜け出してサムと合流する。

パディを迎えに行くと彼は渋るがサムと言い合いになってしまい、アーチーも発作を起こしながら迎えに来る。その熱意に負けたパディをさは来ることになる。アーチーの発作は嘘だった。

 

3人は飛行機で行くがパディはずっとビリーの悪口を言っている。

空港でビリーと合流しパディとビリーは喧嘩になるが2人が仲裁に入る。

 

予約していたホテルが使えないことになり、パディは嫌味を言ってトイレに行く。

1人になったビリーは歌声に惹かれて歌手のダイアナと4人は知り合う。

パディは妻の葬式に来なかったビリーのことを恨んでいたことを語る。

 

ビリーの結婚相手が30歳過ぎで娘の年ほどであることを知り、話が盛り上がると行動を共にすることになる。

ビリーはホテルに着くと離脱してダイアナ達はカジノで遊ぶことになる。

 

ホテルの部屋に空室はなかったがアーチーはブラックジャックに参戦して、サムは若い女を探すがあまりうまくいかず、女装した男に声をかけてしまう。

 

ビリーとダイアナは式を挙げるチャペルを見に行き、神父にカップルと勘違いされる。

そしてダイアナにちょっと自惚れすぎも釘を刺されてダイアナは帰る。

 

アーチーはブラックジャックでまさかの大勝ちをして1000万の大金を得る。

ビリーはプールに3人を呼んでビキニコンテストで審査員をすることになる。

 

アーチーはその後ホテルの従業員のロニーにある者の予約をキャンセルしてヴィラに泊まることになると告げられる。

ベガスで最高の部屋に止まる4人。ある者とは50セントだった。

ロニーは少し50セントが来れなくなったことが残念なようだ。

 

ビリーは酒を持って自身の結婚を祝おうとするが、パディが過去のことを突き返して突っかかる。そして喧嘩になってパディは出て行ってしまう。

 

パディを除く3人はナイトクラブに行ってアーチーの金で入ることになる。

モテモテの3人だがアーチーにブラックジャックで絡んだ若者と言い争いになりサムが突き飛ばされてパディがいきなりきて彼を突き飛ばす。

 

朝になりパディはダイアナのリハーサルを聞きに行く。そして彼は妻がビリーより自分を選んだことを語る。

パディはビリーに話しかけて妻が今の自分を見ても喜ばないとして、フィアンセを愛してるのか問いただす。

 

さらに4人に昨夜の若者がロニーに連れられて謝りに来る。ロニーは4人がマフィアの幹部だと告げていた。4人は悪ノリして若者をビビらせてパシリにしてしまう

 

結婚式の準備を着々と進めてビリーはダイアナと話す。

ダイアナはビリーに愛した人はいるのかと聞いて1人だけいると語るが誰かまでは話さない。

2人は絶叫マシンに乗ってそこでダイアナはビリーに好きだと告げてビリーは困惑する

 

そしてダイアナにパディと同じ子が好きだった子でパディの亡くなった妻のソフィーが好きだったことを告げて、ソフィーも彼を愛していたがビリーがパディに譲ったことを告げる。そしてそのことをパディは知らなかった。

 

ビリーが戻ると3人は仲良く話しておりみんなにプレゼントを贈る。

4人はパーティでそれぞれ楽しんでパシリ君にも優しく楽しませてあげ、アーチーはアドバイスを贈る。

しかしそこにアーチーの息子のエズラが来て、アーチーは死ぬまで楽しみたいと素直に告げてエズラも納得する。

 

サムは若い女の子と関係を持とうとするが、どうしても妻が裏切れずに彼女も納得してこういう人と結婚したいと告げられる。

 

ビリーとパディは会話してパディはダイアナに恋したと告げる。ビリーもまた然りであり2人はまた三角関係になる。

ビリーはパディをプールに突き落としてダイアナと話してパディのことを気にかけてやってほしいと告げて、ダイアナはまた譲るのかと問いただし、そこにパディが来て全てを悟る。

パディは自分の惨めさを悟って去っていってしまう。

 

次の日パディはビリーと話して愛する相手を指定することはできないこと、妻は自分愛していたとして本当にフィアンセを愛してるか問いただす。

そしてフィアンセのリサにパディはビリーがリサを愛していないことを告げてビリーとリサは話し合う。

ビリーはリサにビンタされてリサは去っていく。

 

ビリーは4人に俺たちがいると告げられてパディと抱きしめ合う。

そしてダイアナの元に急いで愛を告げる。2人はキスをして結ばれる

 

パシリ君と別れを告げてロニーは4人がこれまでで一番イカした客だったことを告げる。

4人は乾杯して別れ際にビリーは4人が自分の宝物であると告げて60年来の友情を確かめ合う。

 

58日後ビリーはみんなに電話をかける。アーチーは孫と遊んでおり、パディは隣人と打ち解けサムは妻と寝ていた。

ビリーはダイアナとの結婚を報告し、2人から祝いの言葉を受ける。

 

所感

 

いやーおもろいな…

 

このキャストが揃ったら面白いやろーなと思って見たけど実際かなり面白かった。どの俳優陣も全くもって違和感なく役に溶け込めてましたね。

 

個人的に印象に残ったのはパディの愛する人は指定できないという事実。好きな人に相手がいるなんてことは多いですけどそんな時に強く思いますよね…

 

後50セントはとても好きなラッパーなのでちょい役で出ててすごく嬉しかったです笑笑。サウスポーとかにも出てるけどもっと出てほしいな。